コンテンツへスキップ

お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑥ :4シーズン別・肌映えするのはどのグリーン?

4シーズン別のグリーン(緑)

今回はグリーンを春夏秋冬に分けてみます。

グリーンはイエローとブルーでできる色です。
1:1でイエローにもブルーにも偏らないグリーンになりますが、
グリーンが得意なのは、比較的イエローベースの春と秋です。
原色のグリーンは春の人が一番似合う人が多い傾向があります。

左の上4つが春のグリーン(ビビッド・ブライト系)、
左の下が秋のグリーン(カーキ系)、
右の上が夏のグリーン(青みよりの淡いグリーン系)、
右の下が冬のグリーン(青みよりの鮮やかなグリーン)です。

※ブラウザの環境により色が異なって見えることがあります。

黄緑~緑がイエローベース、青みを感じるグリーンがブルーベースの緑です。

もしいくつかグリーンの服を持っていたら、
一番顔の影が目立たないもの、または顔が黄ばんで見えないものを探してみてください。

画像のグリーンに一番近い色みから、春夏秋冬の診断ができます。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧