パーソナルカラー ウィンターの特徴

パーソナルカラーシーズン・ウィンター

パーソナルカラー・ウィンターのシーズンカラーの基本30色。セカンドシーズンがウィンターさんの人は

【キーワード】
ブルーベース、ブリリアント(強く冴えた鮮やかさ)、クール、ストロング

【特徴】
ウィンターのシーズンカラーの特徴はブルーアンダートーンを持つ青み寄りの色相、強さとクールさを感じさせる鮮やかなトーンです。
強く鮮やかな色の他に、シャーベットカラー(アイシーカラー)と言われるほんのり色を感じる淡い色や無彩色もあります。
お肌の色はニュートラルだったり意外とピンクみがなかったり黄み肌寄りの人も多いです。強く鮮やかな色に負けず顔立ちが引き立ったり肌が明るくなったり、ノーメイクで黒を着ても黒に負けず顔立ちが引き立つ人が多いです。

【 ウィンターカラーが合わない場合の見え方 】
ウィンターカラーが合わない場合は、顔に暗さや顔色が濃く見えたり、色のほうが目立って見えたりします。


ウィンタータイプ・セカンドシーズン別の特徴

自分のシーズンの全色が得意という人は少数派です。自分のシーズンのカラーの中でも色みや明るさ、鮮やかさなど得意な属性がある人の方が多いです。その属性の傾向がわかるのがセカンドシーズンです。

パーソナルカラー・ウィンターの特徴 ウィンタードレープ

2ndがある場合のシーズン別の傾向

  • 2ndスプリングさんの傾向
    鮮やかな色が得意めのタイプ(黄みが強くない色)

  • 2ndサマーさんの傾向
    サマーの鮮やかな色やペールカラーが得意めのタイプ

  • 2ndオータムさんの傾向
    ダークカラーやディープカラーが得意めのタイプ(黄みが強くない色)

2ndウインターになる場合に考えられる5パターン

  • パターン1:強めの鮮やかなカラーが合う
  • パターン2:青みが強いカラーが合う
  • パターン3:パステルカラーよりも白に近いくらいの淡い色で印象が引き立つ
  • パターン4:ダークめのカラーが合う
  • パターン5:すっぴんで黒を着ても暗くなったり重くなったりせず顔立ちが引き立つ

パーソナルカラーの診断結果には個人差がありますので、上記に無いパターンになる場合もあります。

ざっくり診断や自己診断の結果がしっくりこない場合は、ドレープを使用した診断がおすすめです。

なないろラボでは、普段「この色は似合う、この色はいまいち?」と感じている理由がわかる診断を行っておりますので、
ドレープ診断を受けたいと感じられた際にはせひいらしてみてください

どこで受けるか迷ったら「似合う」がわかる東京のパーソナルカラー診断サロン なないろラボ(東京・池尻大橋)にお越し下さい
4/16~5/31にご予約申込の方に限り、
春の割引キャンペーンを実施中

【他のシーズンの特徴を読む】

【 関連記事 】
パーソナルカラーについて
パーソナルカラー診断の予約~当日の流れ
パーソナルカラーの関連記事を読む

お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断

同じカテゴリーの最新記事

  1. ヘアカラーは加法混色

  2. パーソナルカラースプリング28色

    パーソナルカラー スプリングの特徴

  3. 今日は出張パーソナルカラー診断のお仕事でした。

  4. パーソナルカラーは必要ない?

  5. パーソナルカラーサマー28色

    パーソナルカラー サマーの特徴

  6. 色彩の基礎用語①

  7. パーソナルカラーって一生変わらないの?

  8. 色彩の基礎用語②

  9. パーソナルカラーオータム28色

    パーソナルカラー オータムの特徴