お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断①:肌映えするのはどっち?カーキorネイビー

かんたんパーソナルカラー診断|イエローベースとブルーベースのダークなベーシックカラー(カーキとネイビー)*なないろラボ

ふだん着ている服の色で、とてもざっくりですが、パーソナルカラーのシーズンの傾向を予想することができます。 (あくまでもざっくりです)

まずは、所持率が高いと思われるカーキとネイビー。

パーソナルカラーの基本理論では、
カーキはオータムさんの得意カラー、
ネイビーはブルーベースの得意カラーです。
(参考記事:カーキ / ネイビー)

イエローベースのダークなベーシックカラー(カーキ)とブルーベースのダークなベーシックカラー(ネイビー)
左:カーキ  右:ネイビー

だいたいの見当をつけるざっくり判断なので、顔色が悪くならないのは比較的こっち、という感じでOKです。

カーキとネイビーをメイクする前に着てみて、
カーキの方が顔色が良く見えるならイエローベース、
ネイビーの方が顔色が良く見えるならブルーベースです。

(例外として、明るい色のほうが得意なタイプの人はイエローベースの人でもカーキがしっくりこないこともあります)

これまでのワードローブで「そもそもカーキを持っていない、着ない」という人はブルーベースの可能性が高め、
「ネイビーはTPOで必要な場合以外は着ない、そもそも持っていない」という人はイエローベースの可能性高めです。

※両方顔色が悪いという人は、暗い色が苦手なタイプの可能性があります。


ざっくり診断 や自己診断の結果がしっくりこない場合は、ドレープを使用した診断がおすすめです。

似合うと思う色、似合わないと思う色には理由があります。自己診断やアプリ診断がしっくりこない、情報過多で迷子ぎみという場合はぜひ1度ドレープ診断を受けにいらしてみて下さい。

どこで受けるか迷ったら「似合う」がわかる東京のパーソナルカラー診断サロン なないろラボ・池尻大橋/中目黒

【 関連記事 】

【参考記事】

【傾向を見るときのポイント 】
ノーメイクで試しましょう
白さが残る日焼け止めや下地、ファンデーション、カラーコンタクト、まつげエクステ、アートメイクはオフした状態で行うのがベストです

・色がついていない照明のところで見る
色つきの照明(青白すぎる蛍光灯も含む)の下では、お肌もお洋服も本来の色みとは見え方が変わってしまいます。(参照ツイート
一般のお宅では、日当たりがよい場所か昼白色と書いてある照明のお部屋で見るのがおすすめです。

同じカテゴリーの最新記事

  1. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断②:肌映えするのはベ…

  2. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑩ :似合うのはど…

  3. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑬:似合うのはど…

  4. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑪ :似合うのはど…

  5. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑭:カーキが似合…

  6. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑦ :似合うのはど…

  7. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑤ :似合うのはど…

  8. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑯:似合うのはどん…

  9. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑮:似合うのはど…

  10. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑨ :似合うのはど…

  11. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑫:似合うのはど…

  12. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑳:似合うのはどんな…