お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断③:ベーシックカラーまとめ

ふだん着ている服の色で、とてもざっくりですが、パーソナルカラーのシーズンの傾向を予想することができます。 (あくまでもざっくりです)

ベーシックカラーは誰が着ていても違和感が少ない色ですが、パーソナルカラーのシーズンによって、一番得意なカラーが変わってきます。

シーズンの特徴と連動するカラーをカーキ、ネイビー、ベージュ、ライトグレーを4シーズン( 春夏秋冬)のグループにざっくり分けてみます。

右上:スプリングのベージュ 左上:夏のライトグレー 
右下:オータムのカーキ 左上:冬のネイビー 

それぞれの色の特徴としては、
・春さんが得意めのベーシックカラーは白多めの黄み系ベージュ(明度が高く彩度が低くい濁色)
・夏さんが得意めのベーシックカラーはライトグレー(明度が高めの無彩色)
・秋さんが得意めのベーシックカラーは明度低めのカーキ(明度が低めで彩度が高い濁色の緑)
・冬さんが得意めのベーシックカラーはネイビー(明度と彩度が低めのブルー)

メイクする前に着てみて、1番肌映えするのが
ベージュなら春、ライトグレーなら夏、
カーキなら秋、ネイビーなら冬の可能性が高いです。

※グレーとネイビーは夏・冬どちらも合うことが多い色なので、
どっちも悪く無い場合は黒も合わせてみてください。
ノーメイクで黒を着て黒の方がよいと感じる場合は冬の可能性が高いです。

専用ドレープを使った本格的なパーソナルカラー診断では、
普段「この色似合う気がする、この色は似合わない気がする」と感じる理由がわかります。
興味がある方はぜひ診断を受けにいらしてみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 705214AB-EAB2-4C78-85B7-6D76AD7D4E7F.jpeg

【 色の傾向を見るときのポイント 】
・ノーメイクで試しましょう
白さが残る日焼け止めや下地、ファンデーション、カラーコンタクト、まつげエクステ、アートメイクはオフした状態で行うのがベストです

・色がついていない照明のところで見る
色つきの照明(青白すぎる蛍光灯も含む)の下では、お肌もお洋服も本来の色みとは見え方が変わってしまいます。(参照ツイート
一般のお宅では昼光色と書いてある照明のお部屋で見るのがおすすめです

【関連記事】
「お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断」記事一覧

同じカテゴリーの記事

  1. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑥ :肌映えするの…

  2. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断④ :肌映えするの…

  3. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑬:肌映えするの…

  4. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑫:肌映えするの…

  5. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑩ :肌映えするの…

  6. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑰:肌映えするのは…

  7. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断①:肌映えするのはど…

  8. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑧ :肌映えするのは…

  9. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑪ :肌映えするの…