コンテンツへスキップ

4シーズン別のカーキ

カーキは本来、土ぼこりの色を指す色名ですが、
洋服やメイクアイテムでは、くすんだ黄緑やくすんだグリーンをカーキとしていることも多いです。

今回は見た目の印象でカーキと認識されやすい、くすんだグリーン系の色を4シーズンに分けてみます。

左上のオリーブ系が春、
左下のダークオリーブ系が秋、
右上の青みの淡いグレイッシュグリーンが夏、
右下のグレイッシュグリーンが冬です。

オリーブ系がイエローベース、グレイッシュグリーンがブルーベース向けと考えるとわかりやすいでしょう。

もしいくつかカーキの色みの服を持っていたら、
一番輪郭がすっきり見えるカーキを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

4シーズン別のグリーン(緑)

今回はグリーンを春夏秋冬に分けてみます。

グリーンはイエローとブルーでできる色です。
1:1でイエローにもブルーにも偏らないグリーンになりますが、
グリーンが得意なのは、比較的イエローベースの春と秋です。
原色のグリーンは春の人が一番似合う人が多い傾向があります。

左の上4つが春のグリーン(ビビッド・ブライト系)、
左の下が秋のグリーン(カーキ系)、
右の上が夏のグリーン(青みよりの淡いグリーン系)、
右の下が冬のグリーン(青みよりの鮮やかなグリーン)です。

※ブラウザの環境により色が異なって見えることがあります。

黄緑~緑がイエローベース、青みを感じるグリーンがブルーベースの緑です。

もしいくつかグリーンの服を持っていたら、
一番顔の影が目立たないもの、または顔が黄ばんで見えないものを探してみてください。

画像のグリーンに一番近い色みから、春夏秋冬の診断ができます。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

クリスマスカラーといえば、赤と緑ですよね。

クリスマスの 赤 は、キリストの愛と、民のために流した血の象徴です。

緑はツリーに使われるもみの木やヒイラギの色ですが、
これらの木は冬でもずっと緑色を保っているので「永遠」「希望」を表す色とされています。
(エバーグリーン)

ツリーのオーナメントにかならずある星や金色も、
キリストが生まれたときに夜空に輝いていた星、お祝い・贈り物を表しています。

白も、キリスト教では「神聖」の象徴とされています。

伝統的なクリスマスカラーには、ちゃんと意味があったのでした。

今日6月24日11:31から、蟹座で新月を迎えます。

蟹座はとても感受性豊か。
多くの人と喜怒哀楽を分かち合い、理解しあい、「共鳴」をすることを大切に思う特徴があります。

蟹座新月の期間は、喜怒哀楽や感情を意識し、
その場や状況を「分かち合う」雰囲気を大事にして、
人と接してみるといいかもしれません。

 
カラーでは、蟹座は 緑 のイメージです。
緑はハートと感情に関わりがある色です。

自分の感情を意識したり「感じる」ことを大事にすることは、自分自身と向き合うことでもあります。

感情を軸にして色々なことをとらえてみると、
新しい発見があるかもしれません。

最近は友チョコとかもあるんだよねー

なんて思いながら、

友情を色で表すとしたら
何色をイメージする人が多いんだろう?

と疑問が湧いたので、

周りの人にアンケートをとってみました。

 

人数的には20人くらいなのでそんなに多いデータではないですが、

オレンジオレンジ、
イエローイエロー、
グリーングリーン、
ブルーブルー、
ネイビーネイビー、
ハートホワイト、

意外と多かったのが

ハートレインボー。

 

特定の色で表すのは難しいという声も多かったです。

私はイエローイエローをイメージしてました。

友情や友達に対する感情は、恋愛感情よりも多様なのかもしれないですね。

 

緑色の意味

緑は、草木や木や森など自然界を象徴する色です。

新芽が育って木になり、枝葉を茂らせて立っているような、一人前なったイメージの色です。

これまで積み上げてきた経験や時間、
林や森を作るように仲間と日常を送る平和、
落ち着きが醸し出す余裕、安定、安心。

この安定や安心は、ずっと変わらないことや居場所があることから来るものですが、
慣れすぎると新鮮さや刺激を求めることもあります。

 

緑が気になるときは、

・居場所や空間

・安定

・変化

・普段身を置いている環境

などのテーマがあるときかもしれません。

緑が気になる人全員におすすめなのが、森林浴です。
誰にも邪魔されない時間を持ち、深呼吸してリラックスしてみてください。

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------

グリーンが気になるようになったきっかけは、
去年変えたケータイ。

色々迷った末、気に入った物の中で当日持ち帰れたのが
今使ってるののグリーンだけだったという、なんとも無味な始まり。
それでもずいぶん、グリーンを新鮮に感じました。

それ以来、振り返っていた「グリーン」のキーワードの数々。

自然、安らぎ、リラックス、深呼吸、
木~林~森、時間(年輪)、
成長、不変と変化(種~芽~葉~木~花~実~)、
時空(過去~現在~未来)、カルマ、
普遍、平凡、退屈、安定、穏やかさ、幸福感、
大地とのつながり、
根を張ってこその増殖と繁栄、熟成、似ているもの、
人間関係、仕事、決断、心臓、 360°、
スペクトルの真ん中、 黄色と青でできる色、赤(血肉)の補色、
新鮮な野菜、物質性、
スペース(時空と場所)、
正しいときに正しい場所にいる、シンクロニシティ、
喜怒哀楽ほかすべての感情、 ピンク(愛)が入るスペース(ハート)。

グリーンの意味の大元は、「自然」。
ナュラルそのもの、ヒーリングやセラピーそのものの色。

オーラソーマで上下グリーンのボトルは、
10番:Go, Hug a tree(行って木を抱きなさい)。
木とふれあい、自分を取り戻す必要を教えてくれるボトルです。

私は、山や海や自然の中で暮らしたいとか、
木々と日々を共に生きたいっていうタイプじゃないけど、
人は自然とのつながりなくして、自分のコアを守ることはできないな~と
いつも感じるので、
定期的に、木々生い茂る場所に行くようにしています。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座