PERSONAL COLOR

パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断は、自分に調和する色を探すためのカラー診断です 。

調和する色を身につけるとカラーバランスが整い、
肌がきれいに見える、印象に残りやすくなる
などのメリットがあります。

パーソナルカラー診断は、 洗練や垢抜け、印象UP、美女度が上がる などに定評があります。

パーソナルカラーの大分類・2ベース(イエロー or ブルー)

診断では まず、

黄み寄りのイエローアンダートーンの色のほうが顔映りが良いのか(イエローベース・ウォームタイプ)、

青み寄りのブルーアンダートーンの色のほうが顔映りが良いのか(ブルーベース・クールタイプ)を診ていきます。

肌の色は色素の質や量によって人それぞれ違い、特定のカラーを比較することで イエローベースかブルーベースかがわかります。

パーソナルカラーの中分類・4シーズン(1st、2nd)

左上・SPRING  右上・SUMMER
左下・AUTUMN 右下・WINTER

カラードレープを使って調和する色相・明度・彩度を割り出し、春夏秋冬のどのタイプにあてはまるのかを決めていきます。

イエローベースでもピンクがかっていてパッと見ブルーベースに思える、
ブルーベースでも黄みが強くパッと見イエローベースに思える、
というのはよくあることなので、慎重な見極めが必要です。

(色白・色黒とイエローベース or ブルーベースは関係ありません。色白のイエローベースさんも色黒のブルーベースさんも多くいらっしゃいます。)

パーソナルカラーの小分類・ベストカラー

ベースとシーズンの見当がついたら、さらにベストカラーを探していきます。

自分のシーズンでも合う色とあまり合わない色がある場合がほとんど なので、さらに細かく見ていきます。
ベストカラーの数は人それぞれです。
ベストカラーの他に避けたほうがいいカラーもわかります。

(避けた方がいいカラーの取り入れ方は、顔周りを避ければいい場合と、面積を小さくした方がいい場合などがあり、ベストカラー達の特徴で違います。)

ベストカラーをうまく使うことで、印象やおしゃれ感や好感度がとても上がります。

ベストカラーや避けたほうがいいカラーは、
お洋服はもちろん、メイクカラーやインテリアカラーなど、色々な場面にも応用できます。

【 関連記事 】
カラー診断・5つの好評ポイント
パーソナルカラー診断の流れ
パーソナルカラーの関連記事を読む