‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑰:肌映えするのはどのブラウン?

ふだん着ている服の色で、とてもざっくりですが、パーソナルカラーの傾向の判断ができます。 (あくまでもざっくりです)

今回はブラウンです。

あなたに合うのはどのブラウン?

ブラウンは、黄色・赤・青 ・黒(トーンによっては白も)が混ざってできる暖色の明度低めのベーシックカラーです。

マロンやキャラメルを感じさせるイエロー・オレンジ系のブラウンはイエローベースに属するカラー、

ココアやチョコレートを感じさせるレッドやマゼンタ系のブラウンはブルーベースに属するカラーです。

左上のマロンブラウンはスプリング
左下のブラウンはオータム
右上のココアブラウンはサマー
右下のチョコレートブラウンはウィンター

もし全部のブラウンが似合って見える場合は秋さんの可能性が高め、
ブラウン全体が似合わないと感じる場合は明るさが必要なタイプかブルーベースである可能性が高めです。

いくつかブラウンの服を持っていたり試着したりするときは、
お肌に血色が出て髪や目がパッと輝くブラウンを探してみてください。

現在のヘアカラーがブラウンの場合、カラーリングと同じ系統のブラウンがデザイン的に調和して見える場合もありますので、園場合は髪色を隠しましょう

(専用ドレープを使った パーソナルカラー診断 では、
「この色似合う気がする、この色は合わない気がする」と感じる理由がわかります。
興味がある方は診断を受けにいらしてみてください)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 705214AB-EAB2-4C78-85B7-6D76AD7D4E7F.jpeg

【パーソナルカラーの傾向を見るときのポイント 】

・ノーメイクで試しましょう
白さが残る日焼け止めや下地、ファンデーション、カラーコンタクト、まつげエクステ、アートメイクなどをしていると、判断がつきづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

・色がついていない照明のところで見る
色つきの照明(青白すぎる蛍光灯も含む)の下では、お肌もお洋服も本来の色みとは見え方が変わってしまいます。(参照ツイート
(一般のお宅では昼白色と書いてある照明のお部屋で見るのがおすすめです)

【関連記事】
「お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断」記事一覧

同じカテゴリーの記事

  1. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断③:ベーシックカラ…

  2. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑬:肌映えするの…

  3. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断②:肌映えするのはベ…

  4. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑭:肌映えするの…

  5. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑫:肌映えするの…

  6. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑩ :肌映えするの…

  7. ‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑯:肌映えするのは…

  8. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑱:お肌に映えるのは…

  9. お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑧ :肌映えするのは…