コンテンツへスキップ

4シーズン別のカーキ

カーキは本来、土ぼこりの色を指す色名ですが、
洋服やメイクアイテムでは、くすんだ黄緑やくすんだグリーンをカーキとしていることも多いです。

今回は見た目の印象でカーキと認識されやすい、くすんだグリーン系の色を4シーズンに分けてみます。

左上のオリーブ系が春、
左下のダークオリーブ系が秋、
右上の青みの淡いグレイッシュグリーンが夏、
右下のグレイッシュグリーンが冬です。

オリーブ系がイエローベース、グレイッシュグリーンがブルーベース向けと考えるとわかりやすいでしょう。

もしいくつかカーキの色みの服を持っていたら、
一番輪郭がすっきり見えるカーキを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

プロが使うドレープをあてなくても、ふだん着ている服の色である程度のパーソナルカラー診断ができます。(あくまでもざっくりです)

まずは、所持率が高いと思われるカーキとネイビー。

どちらもイエベさん、ブルベさんそれぞれに似合うトーンの色がありますが、
比較的カーキはイエローベース(特にオータムさん)、
ネイビーはブルーベースさんが似合う人が多い色です。

メイクする前に着てみて、
カーキの方が肌映えすればイエローベース。
ネイビーの方ならブルーベースです。

(「カーキを持っていない」という人はブルーベースの可能性高めです)

服はメイクしている状態で選ぶことが多いと思いますが、
パーソナルカラーを探すときは、 「メイクする前に着てみる」 のがポイントです。

とくに、下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
わかりづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧