紫色の意味【色彩心理】

色彩進路・カラーセラピーの色の意味:紫・バイオレット・パープル

紫色の意味

紫は、性質が対照的な赤と青で出来ている色です。
相反する色でできているため、相反するものが共にあることの象徴の色とされています。

自分だけの世界、他と違うこと、批判性、高尚さ、癒しなどに関わりがあります。

紫が気になるときは、

  • 癒し、リラクゼーション
  • 自分の世界
  • 他者を気にしない
  • 高いプライド

に関するテーマがあるときかもしれません。

「色が気になる」には二通りあり、色の性質に同調しているときも不足しているときも、同じようにその色に魅かれます。

もしもキーワー ドが課題を示しているように感じたときは、
そのキーワードを自分の中で少し掘り下げてみるとステップアップのヒントが見つかるかもしれません。


選んだ色や気になる色を、お洋服や小物に取り入れて常に目に入るようにしておくと
気持ちの安定やモチベーションキープなどメンタル面のサポートに なります。
その色の食べ物やその色が使われているパッケージのドリンクなどをデスクに置いておくなどもおすすめです。

【 さらに色を楽しみたいときは 】

服やメイクで色を取り入れるときには、パーソナルカラー診断を活用すると似合う紫色を見つけることができます。
日常で楽しみながらカラーを取り入れたい人におすすめです。

(パーソナルカラーはファッションやメイクのカラーコーディネートです。心理面にアプローチするためのものではありません)

【参考記事】
パーソナルカラー診断とは?
お手持ち服でざっくりパーソナルカラー診断⑨:あなたに合うのはどの紫(パープル・バイオレット)?


【 関連記事 】
今日のこころは何色ですか? 〜セルフカラーセラピー〜


色彩心理:色の意味 記事一覧

同じカテゴリーの最新記事

  1. オレンジ色の意味【色彩心理】

  2. ブラウン・茶色の意味【色彩心理】

  3. ホワイト・白色の意味【色彩心理】

  4. 青緑-ターコイズの意味【色彩心理】

  5. ピンクの意味【色の意味/色彩心理】

  6. コーラル色の意味【色彩心理】

  7. ネイビー・紺色の意味【色彩心理】

  8. ブルー・青色の意味【色彩心理】

  9. グリーン・緑色の意味【色彩心理】

  10. c【色彩心理】

  11. ロイヤルブルー・群青の意味【色彩心理】

  12. 赤-レッドの意味【色の意味/色彩心理】