カラーセラピーの色の意味: 橙 -ORANGE- オレンジ

オレンジの意味

オレンジは「社交」「交流」「主張」「自立」の色で、
「自分自身が取り組んでいることの実り」に関わりがある色です。

自分も他者も、それぞれの栄養(個性)を持っています。
その栄養を主張しあい、与え合い、受け取り合う。

オレンジはそんな交流から得られる実りの色です。

オレンジが気になるときは、

・自立、独立

・他者と交流する

・個性やキャラクター

・過去を整理する

・没頭して楽しむ

というテーマがあるときかもしれません。

もしも、苦手なのにオレンジが気になることがあったときは、

自己主張の必要や個性を磨く時期だったり、過去を癒し、過去から離れることが必要な時期に差し掛かっているのかもしれません。

————————————————————–
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
————————————————————–

同じカテゴリーの記事

  1. カラーセラピーの色の意味: ピンク -PINK- 桃色

  2. カラーセラピーの色の意味: 青緑 -TURQUOISE- …

  3. カラーセラピーの色の意味: さんご色 -CORAL- コーラ…

  4. カラーセラピーの色の意味: 赤紫 -MAZENTA- マゼン…

  5. カラーセラピーの色の意味: 黒 -BLACK- ブラック

  6. カラーセラピーの色の意味: 緑 -GREEN- グリーン

  7. カラーセラピーの色の意味: 群青 -ROYAL BLUE- …

  8. カラーセラピーの色の意味: 黄色 -YELLOW- イエロー…

  9. カラーセラピーの色の意味: 黄緑 -YELLOW GREEN…

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031