クリスマスカラーといえば

クリスマスカラーといえば、赤と緑ですよね。

クリスマスの 赤 は、キリストの愛と、民のために流した血の象徴です。

緑はツリーに使われるもみの木やヒイラギの色ですが、
これらの木は冬でもずっと緑色を保っているので「永遠」「希望」を表す色とされています。
(エバーグリーン)

ツリーのオーナメントにかならずある星や金色も、
キリストが生まれたときに夜空に輝いていた星、お祝い・贈り物を表しています。

白も、キリスト教では「神聖」の象徴とされています。

伝統的なクリスマスカラーには、ちゃんと意味があったのでした。

同じカテゴリーの記事

  1. 涼しい色といえば青!

  2. レインボーカラーのお花たち

  3. 金属を燃やしたときの色(炎色反応)

  4. 友情の色って何色?

  5. 傘祭り

  6. 今夜は満月。今日の月は何色に見えますか?

  7. どうして色は「色(いろ)」なんだろう?色(いろ)という文字の…

  8. レインボーカラーのスイーツ:「虹色羊羹 -レインボーようかん…

  9. 五感の傾向は人それぞれです-共感覚②

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031