「白」に個性が現れる

色がない色の代表、白。

パーソナルカラーではそれぞれの白を見ると
各シーズンの特徴がわかりやすかったり、

写真の世界では「白」をどう撮るかに
その人の個性が現れると言われています。

黒は、少しほかの色みが入ると「こげ茶」「濃紺」「深緑」など、
他の色相のグループになってしまいますが、

白は、少しほかの色みが入っても「オフホワイト」「アイボリー」と、
白のグループのままです。

色相も彩度もない無彩色の「白」。
ぱっと見た感じは全部同じに感じても、じっくり見ると違いがある色。
有彩色と同じくらい、いろんな表情を表現できる色なのかもしれません。

同じカテゴリーの記事

  1. カラーセラピーボトル下層むらさきバージョン

  2. 今夜は満月。今日の月は何色に見えますか?

  3. 友情の色って何色?

  4. 五感の傾向は人それぞれです-共感覚②

  5. レインボーカラーのお花たち

  6. 色(いろ)という文字

  7. 金属を燃やしたときの色(炎色反応)

  8. レインボーカラーのスイーツ「虹色羊羹 -レインボーようかん-…

  9. 涼しい色といえば青!

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031