コンテンツへスキップ

クリスマスカラーといえば、赤と緑ですよね。

クリスマスの 赤 は、キリストの愛と、民のために流した血の象徴です。

緑はツリーに使われるもみの木やヒイラギの色ですが、
これらの木は冬でもずっと緑色を保っているので「永遠」「希望」を表す色とされています。
(エバーグリーン)

ツリーのオーナメントにかならずある星や金色も、
キリストが生まれたときに夜空に輝いていた星、お祝い・贈り物を表しています。

白も、キリスト教では「神聖」の象徴とされています。

伝統的なクリスマスカラーには、ちゃんと意味があったのでした。

2017年8月22日、2回目のしし座で迎える新月です。

先月に引き続き、

しし座のキーワードは、

ビジョンを地上へおろす
ビジョンを根付かせる根
具現化
創造性
太陽
個別化

など。

しし座のイメージカラーは金色(ゴールド)です。

「自分が中心になる」というテーマは、
自分の人生を生きるということにも関わりが深いです。
自分が中心にいる人生、どのように自分の人生を生きるのか、
それを日常のこととすると、どんな行動している自分なのか。
さらに深めていくといいかもしれません。

TwitterのTLに流れてきた"オープンセサミ"。
 

 

私のカラーセラピストへの第1歩は15年前に選んだこの2色から始まった。
 


B83:open sesame(turquoise / gold)

 
普段は気にならないけど、
今日は「これが目に止まった」ことが気になって
そんなことが頭をよぎったので記録しておく。

7月23日(日) 18:46、獅子座で新月を迎えます。

獅子座はビジョンを地上におろして根付かせ、そのことで自己を知らしめるというテーマを持つ星座です。

獅子座のキーワードは、

具現化
創造性
太陽
個別化

など。

しし座のイメージカラーは金色(ゴールド)です。

太陽はしし座の象徴でもあります。
自分が注目を浴びるとか中心にいるということに関わりが深いので、
しし座新月が続く夏の2ヶ月間は、
「自分が中心になる」ということを意識してみるといいかもしれません。