コンテンツへスキップ

2年ぶりに地元・佐倉市の花火大会に行ってきました。

佐倉の花火は、わざわざ里帰りしようと思えるくらい、素晴らしい花火が上がるんです。

おととし見たときも感動したけど、今年はもはや芸術作品の域に達してました。

こんな素敵な花火を作る職人さんは色の魔術師だしアーティストだなぁって思います。

ちなみに花火の色は、金属を燃やして作られます。

参考↓(株式会社キャノンHPより引用

 

クリスマスカラーといえば、赤と緑ですよね。

クリスマスの 赤 は、キリストの愛と、民のために流した血の象徴です。

緑はツリーに使われるもみの木やヒイラギの色ですが、
これらの木は冬でもずっと緑色を保っているので「永遠」「希望」を表す色とされています。
(エバーグリーン)

ツリーのオーナメントにかならずある星や金色も、
キリストが生まれたときに夜空に輝いていた星、お祝い・贈り物を表しています。

白も、キリスト教では「神聖」の象徴とされています。

伝統的なクリスマスカラーには、ちゃんと意味があったのでした。

今日は満月だけど、雨模様ですねえ。

夜はやむのかな?

 

雨の日は街全体が傘祭りみたいだなぁと思って、

調べてみたら、ありました。

タイとポルトガルに「傘祭り」。

 

タイ  ボーサン

 

ポルトガル  アゲダ

 

ちなみに、傘って、

「普段そんなに必要じゃないもの」への価値観が

反映されやすいアイテムなんです。

傘の色もまたしかり。

 

私はこういう仕事をしてるので、

好きな色や持っていない色で選ぶことが多くなっていますが、

みなさんは、どんな傘選びをしていますか?

今日12月22日は冬至です。
冬至は夜の時間が1年で1番長い日。

今日の東京地方の日の出は6:47、
日の入りは16:32とのこと。

冬至のかぼちゃと柚子湯には
体を暖めるとか
太陽の力が一番弱い日だから陽のパワーを補うとか
色々な説がありますが、
太陽の色でもある黄色で邪気払いをするという意味も
こめられているそうです。

明日は冬至にちなんで
黄色を意識して過ごしてみるのも
おもしろいかもしれません。

* なないろラボ *

JUGEMテーマ:今日のこと

にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ にほんブログ村 健康ブログ アートセラピーへ

今日は桃の節句のおひなまつりですね。

おひなまつりのお菓子といえば
桃色・白色・緑色をした菱餅とあられですが、
この三色にも意味があるって知ってましたか?

桃色は「薄い赤」で厄払い。(解毒してくれるくちなしの実で色づけ)
白は雪の色で浄化。(長寿や子孫繁栄を願い菱の実で色づけ)
緑は草の色で長寿や大地。(菱(ひし)の葉や蓬(よもぎ))
だそうです。

「菱」は水草の種類で、
昔、菱だけを食べて長生きした仙人がいたという話から、
長寿を願う縁起物の食物として根付いたそうです。
(形の方の「ひし形」は繁殖力を示しているとか。)
 



ほかにも、桃・白・緑は
「雪が残る景色のなかで緑の草の上に座って
桃の花のお花見をしている風景をおもちの色にした」
という、風流な一説もあります。

ちなみに、今は旬の時期じゃないけど、
果物の桃は、水毒を流してくれる食材です。
菱餅と意味がかぶっていて、おもしろいなー。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

2

明日はお正月から7日目の、七草がゆの日ですね。

おせち料理が続いたあとのやすらぎの食という実用的な意味と、
邪気と病から身を守るために行われている伝統的な食文化。
平安時代にはすでにあった習慣だそうです。
 

春の七草は、
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、
すずな(かぶ)、すずしろ(だいこん)。

私は今日は、買い物に行って七草の日に気づいたのですが、
本来は、遅くても前の晩には七草を準備して神棚にあげておき、
朝になったらさげて、それを料理するのだそうです。

センセーションカラーセラピーの講座でやる医療の歴史に出てくるとおり、
(オーラソーマでは解剖生理学講座でやります。)
昔の人にとって、信心と健康は切り離せないものだったんですねー。
それが伝統文化になって残っているなんて、すごいなぁ。 

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

冬至ですね。
22時まで、キャンドルナイトしてました。
私のキャンドルナイトは半分以上がお風呂タイムです。
今年はゆずを用意し忘れたので、新月アロマで代用しました。

かぼちゃは、冬至っぽくないけど、
マッシュにしてオリーブオイルと混ぜて、ディップに。
お酒のおつまみにもいい1品なのでよく作ります。
(オリーブオイルの代わりにバターと砂糖少々を混ぜると、
ちょっとしたかんたんスイーツになります♪)



なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

今日は、冬至ですね。

1年で最も昼間が短い日の日照時間を満喫するべく、
昨日の夜から、「日の出の時間に起きよーっと!」と
意気込んでいたのですが・・・

意気込みすぎて眠りにつくのが遅くなり、目覚めたら、日の出はすぎてました・・・。
それでもいつもよりずいぶん早く起きることができたので、
久々に朝ならではの澄んだ空気を堪能しました。

そのおかげか、今日のお客さまのコンサルテーションも絶好調 ♪
ほんの数時間早く起きるだけで、
自分のチューニングもずいぶん違うんだなぁ。

季節の行事が好きなので、今日はもちろん「かぼちゃ」と「ゆず湯」です。
でもかぼちゃの代表料理(?)の"かぼちゃの煮物"は、唯一きらいな料理なので、
素材の甘みを堪能できる、蒸しかぼちゃにして。
さらにゆず湯だけでなく「ゆず茶」も。( ↓ このゆず茶、おいしいです。)

冬至って、太陽の力(日照の)が一番弱くなる日とも言われてるけど、
かぼちゃもゆずも太陽の色の黄色系。
太陽の力が弱くなる日に、太陽の色を食べるって、おもしろい風習だなぁ。
さらに、両方とも身体をあたためる食材であり、ゆずには殺菌効果もあるんです。
昔の人の感性ってすごい。

カラーセラピーコンサルテーション 特別価格で受付中です!
詳細は → こちら

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー