ヘアカラーは加法混色

髪を切りに行ったら、シャンプーを担当してくれた美容師さんが

「美容学校時代は髪を白く染めていた」
と言ったので、

何気なく、
「あーゆーきれいな真っ白って、どーやったらなるんですか?」
と訊いたら、

「極限まで明るい金髪にして、補色のむらさきを入れる」
とのこと。

驚き!

普通に考えたらカラー剤は色料だから、
減法混色(混ぜて暗くなる)の方が当てはまるはずなのに。

白以外に染める場合も、ヘアカラーは光の混色(加法混色)の考え方で色を出すのだそうです。

髪の色はやっぱり奥が深い。

おもしろいなぁ。

パーソナルカラー診断で、似合う髪色もわかります。

同じカテゴリーの記事

  1. パーソナルカラーって一生変わらないの?

  2. 今日はパーソナルカラーのお仕事でした。

  3. バスタイムのおすすめカラーアイテム

  4. パーソナルカラーは気にしない?

  5. 色の用語

  6. ’20年2月より骨格診断をスタイリングコンサルテ…

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031