コンテンツへスキップ

ヘアカラーは加法混色

髪を切りに行ったら、シャンプーを担当してくれた美容師さんが

「美容学校時代は髪を白く染めていた」
と言ったので、

何気なく、
「あーゆーきれいな真っ白って、どーやったらなるんですか?」
と訊いたら、

「極限まで明るい金髪にして、補色のむらさきを入れる」
とのこと。

驚き!

普通に考えたらカラー剤は色料だから、
減法混色(混ぜて暗くなる)の方が当てはまるはずなのに。

白以外に染める場合も、ヘアカラーは光の混色(加法混色)の考え方で色を出すのだそうです。

髪の色は普通の色彩論を超えてるところがあるから難しいなぁと以前から思っていたけれど、
思った以上に奥が深いようです。

おもしろいなぁ。