身近なアートセラピー: 「まる」「ぐるぐる」を描くことは考えをまとめることに役立ちます

20160403_1615456

よく、
電話をしながら気づいたら手元でなにか描いてたとか、
勉強中にノートの端が落書きだらけになってた・・
なんてことはありませんか?

「まる」の繰り返しとか、「ぐるぐる」の描画ストロークは、
心を整えたり、考えや思いをまとめたり、落ち着かせたりすることを
助けてくれるんです。

他の作業をしながらの落書きは、
無意識が働いてなにか考えをまとめようとしていたり、
心を落ち着かせようとする動きだったのかもしれません。


ちなみに、「線」 は、絵画の要素でも「形をつくる」役割をします。

考えをまとめなければいけないときや気持ちを落ち着かせたいときは、
意識的にで「ぐるぐる」してみると、意外な効果があるかもしれません。

 
関連ページ:アートセラピーとは?

個別アートカウンセリング随時申込受付中

同じカテゴリーの最新記事

  1. 色をまるく描くだけでストレス解消になります

  2. アートセラピーやカラーセラピーでは「対面」ではなく「伴走」す…

  3. 身近なアートセラピー: 大人の塗り絵は30分までがいいらしい…

  4. 感情を描いた絵から見える共感の秘密

  5. アートセラピーおすすめ書籍:「表現アートセラピー入門」 小野…

  6. 変化や新しさを求めるとき、アートセラピーやカラーセラピーはい…

  7. アートセラピーで描く絵とカラーセラピーで描く絵の違い

  8. アートセラピーでは絵のこんなところも観ます