アートセラピーでは絵のこんなところも観ます

img_2130
 
通常、絵を見るときには

「対象として何が描かれているのか」
「対象をどんな風に描いているのか」

ということに注目しがちですが、
 

アートセラピーで描いた絵を見るときは、

絵の線のようす、
画材、
色使い、
モチーフ、
筆圧、
そういったものから伝わってくるエネルギー

なども観ていきます。
 

絵を描いているときの表情や発した言葉、
どんな動きをしていたか、
絵を描いていたときのその人の様子など、

作品が完成するまでに起こっていたすべてのプロセスを
完成した作品と同じくらい大切に観ていきます。
 

作品を作る間の時間やプロセスには、
その人の「今」のエネルギーが現れます。

制作中のエネルギーと、完成したものと、
作品について本人が語ること。

この3つはアートセラピーで作品を観るときに欠かせない、とても重要な要素です。

 
関連ページ:アートセラピーとは?

個別アートカウンセリング随時申込受付中

同じカテゴリーの記事

  1. アートセラピーで描く絵とカラーセラピーで描く絵の違い

  2. 変化や新しさを求めるとき、アート表現やカラーはいい道しるべに…

  3. 色をまるく描くだけでストレス解消になります

  4. 身近なアートセラピー: 「まる」「ぐるぐる」を描くことは考え…

  5. アートセラピーおすすめ書籍:「表現アートセラピー入門」 小野…

  6. 身近なアートセラピー: 大人の塗り絵は30分までがいいらしい…