身近なアートセラピー: 大人の塗り絵は30分までがいいらしい

いまは大人の塗り絵がブームになってますが、
ちょっと前に、こんな記事を見つけました。

otonanonurie
 
「大人の塗り絵でリラックス?30分集中、ストレス解消」

塗り絵をしているときの血流と心拍数を測って、
ストレス度とリラックス度の変化を調べた実験記事です。

かんたんな図柄よりも複雑な図柄の方が
作業に没頭できるのでリラックス効果が高く、

一番リラックス効果があがるのは作業開始から30分まで

とか。

45分を過ぎると逆にストレス度があがってきてしまうそうです。

自分で作品を作ったり絵を描いたりするアートセラピーでも、
制作時間は20~40分くらいに収めることが多いです。

 
関連ページ:アートセラピーとは?

個別アートカウンセリング随時申込受付中

同じカテゴリーの記事

  1. 変化や新しさを求めるとき、アート表現やカラーはいい道しるべに…

  2. アートセラピーおすすめ書籍:「表現アートセラピー入門」 小野…

  3. 身近なアートセラピー: 「まる」「ぐるぐる」を描くことは考え…

  4. これはどんな感情を描いた絵だと思いますか?

  5. アートセラピーやカラーセラピーでは「対面」ではなく「伴走」す…

  6. アートセラピーでは絵のこんなところも観ます