黒と白を感じさせる映画:「スターウォーズ ローグ・ワン」

img_2552

スターウォーズは、

どんなことにも光(白)と闇(黒)の側面があって
それは常に表裏一体である

なんてことを感じさせてくれる大好きな映画です。

が、
今回のローグ・ワンはスピンオフ扱いだし、
アニメのクローン・ウォーズみたいな感じなのかな〜と勝手に思って、
あんまり気持ちが盛り上がってなかったんです。

 

ごめんなさい。
大間違いでした。

 

今までは、

「スターウォーズ観るなら、

4→5→6→1→2→3→4→5→6→7

の順で観てこそコンプリートだ!」

って思ってたけど、

 

「1→2→3→ローグワン→4→5→6→7

でも良くなったんじゃ・・・?」

「メインキャストほぼ出てないけど、

タイトルに3.5ってつけても良かったんじゃ・・・?」

と、うっかり思ってしまったくらいでした。

 

個人的には、ローグ・ワンは 7 よりいい作品だなーと感じましたし、好きです。

同じカテゴリーの記事

  1. スペクトルが印象的な映画「天気の子」

  2. 青が印象的な映画 -「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら…

  3. 色がきれいなおすすめ映画: ミッシェル・オスロー監督作品

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031