実際に見ることができる色彩計画されている街並み

色彩検定2級ではエクステリアの色彩計画、
1級では環境全体の色彩計画を学びますが

伝統ある参道では
景観保護の目的で色彩計画された街並みを
実際に見れることが多いです。

 

成田山付近
img_1843

 

出雲大社付近
img_1844

 

京都の神社付近
img_1848

 

あの企業もあの企業も、コーポレートカラーの主張を抑えて景観を大切にしているのが伝わってきますし、
そのことが企業のイメージアップにも一役買っています。

参道以外にも、新しくできた住宅地や再開発された街などで、色彩設計がわかりやすい景色を見つけることができます。

座学に疲れたらちょっと外に出て、勉強中の内容が実際に生かされている例を見に行ったり、探しに行ったりしてみましょう。

息抜きになるし、モチベーションもあがりますよ☆

同じカテゴリーの記事

  1. 色彩検定まで1週間。とにかく過去問やりましょう!

  2. 色彩検定の内容はビジュアルで記憶するのもおすすめです

  3. カラーのおすすめ道具「PCCSカラートーンサークル」

  4. 2017年度夏期 色彩検定の願書受付が始まっています。

  5. 今日はインテリアのお仕事でした。

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031