コンテンツへスキップ

4シーズン別のベビーピンク

ピンクは赤と白でできる色です。
ベビーピンクは赤はごく少量で白の量がかなり多い、かなり彩度が低いピンクです。

少量のイエローやブルーが加わると、色みに違いが出てきます。

ベーシックなピンクはこちら

左上のコーラル系のベビーピンクが春、
左下のオレンジ系ベビーピンクが秋、
右上のややブルー系のベビーピンクが夏、
右下のさらに彩度が低いブルー系のベビーピンクが冬です。

ベージュを感じるベビーピンクがイエローベース、ベージュを感じないピンクがブルーベースと考えるとわかりやすいです。

もしいくつかベビーピンクの服を持っていたら、
一番顔が明るく健康的に見えるものを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

4シーズン別のピンク

ピンクは赤と白でできている色で、
赤に白がどれくらい入るかで明るさや鮮やかさが変わります。

イエローとブルーをそれぞれ混ぜたときの色みの違いがわかりやすいので、
パーソナルカラーのベース色を見分けるときは最初にピンクで診断します。

左上のコーラル系ピンクは春、
左下のオレンジ系ピンクは秋、
右上のピンクは夏、
右下のマゼンダ系ピンクは冬です。

黄みを感じるピンクはイエローベース、黄みを感じないピンクがブルーベースです。

いくつかピンクの服を持っていたら、一番肌がくすまず、顔の影が目立たないピンクを探してみてください。
白浮きしていないかどうかもヒントになります。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

恋心や恋愛の色といったらやっぱりピンク。

カラーセラピーでおなじみの2層に分かれているボトルも、ピンクのボトルの場合、

「愛(下のピンク)を
どう表現するか(上の色)」

という風に見ることができます。
 

愛情表現は人それぞれ。

あなたの愛情表現は、どんな色ですか?
 

ピンク、桃色の意味

ピンクは多くの人が
恋愛や女性の象徴として受け止める色です。

淡いピンクは人を安心させる色であり、
優しさ、柔らかさ、甘やかさを感じさせます。

基本的に赤と白でできる色なので、赤と関わりがあります。
赤との違いは、主張が強くないこと。

「実は・・・」「ひそかに・・・」「本当は・・・」という感じは、ピンクの特徴です。

 

ピンクが気になるときは、

・優しさや安心を求めている

・愛情を受けたい

・前向きな気持ちが高まっている

・わかってほしい

というテーマがあるときかもしれません。

 

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------