コンテンツへスキップ

「見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れる」の5つの感覚のうち、どの感覚が優位かは人によって違い、どの感覚が一番働きやすいかは、普段の行動に現れます。

たとえば、カラーセラピーのボトルと対面したときの場合。

ボトルを見る人。

手に取る人。

香りを嗅ごうとする人。

など、人によって行動が様々です。

「見る」人は視覚が優先する人、

「触ってみる」人は触覚が優先する人、

「香りを確かめようとする」人は嗅覚が優先する人。

自分にとって優位な五感が行動に影響するんですね。

普段使わない五感を鍛えるとか優位な五感をさらに磨きたいときは、
「見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触る」、それぞれの動きを意識的にしてみると効果的です。

意識的に五感を使うことは、感性を磨いたり共感覚のトレーニングになるだけでなく、脳トレにも一役買いますよ。(五感は脳の働きにすごく影響します。)

「共感覚」って聞いたことありますか?

色を見て香りや音や触感や味を感じる、
音を聞いて色や香りや触感や味を感る、
香りを嗅いで色や音や触感や味を感じる、
触れたものから色や香りや音や味を感じる

など、

ひとつの五感から別の感覚に対してイメージが広がることを「共感覚」といいます。
共感覚を作品にしていることで有名なカンディンスキーは、音(聴覚)から得た色(視覚)を描いています。

「共感覚」は、色のイメージを広げるトレーニングになります。
色からイメージを広げる場合は、

「シルバーを音で表すとしたら、どんな音?どんな香り?どんな手触り?」

「お母さんのだっこを、色や香りや音でイメージするとどんな感じ?」

「聞こえてきた音や音楽を、色や香りや触感でイメージするとどんな感じ?」

「街ですれ違った良い香りを、色や音や触感でイメージするとどんな感じ?」

といった具合になります。

「そんなにイメージ湧かない」と言う人でも、「小さい頃はそういうのあったかも」という人は結構います。

ちなみに、私の共感覚の子どもの頃の記憶はバイオリンの開放弦の音から感じていた色で、

一番低い音のG線の音(ソ)は、こげ茶色。
二番目に低い音のD線(レ)は深緑か紺っぽい青。
チューニングの要のA線(ラ)はオレンジか赤。
高音のE線(ミ)は光のような黄色か金色。

という感じに、音から色をイメージしてました。

共感覚からくるイメージはずっと変わらないものではないようで、今夏きっかけがありプライベートでバイオリンを再開したのですが、
現在のそれぞれの開放弦から感じるイメージは、

G線はダークトーン
D線はディープトーン
A線はビビッドトーンのオレンジ~赤
E線はブライトトーンのイエローあたりや太陽光

という感じに変わってます。

イメージは感性や体験からくるものなので、正解や不正解はありませんし、

「イメージする」行いも筋トレみたいなもので、普段なじみがなくても日頃から心がけると、自然とできるようになっていきます。

カラーの仕事は「イメージすること」がけっこう大切なので、
音、香り、味、手触りなど、他の五感が働いたときに、「これを色で表すとしたら?」と想像するくせをつけて、
色に対する感覚や柔軟さやセンスを日頃から磨いておくと役に立つ場面が多々あると思います。

このトレーニングは色に対する引き出しも増えるので、色の提案をするとき意外と役に立ちますし、なかなか楽しいのでおすすめです。

141005.gif

台風が近づくなか、
久しぶりにクラシックのコンサートに行ってきました。

チェコの室内オーケストラ「パルドビツェ」。
春を感じさせるようなあたたかいコンサートで、
渡辺玲子さんのバイオリンのやわらかい音色も素敵でした。

私も小学生のとき、ほんの少しの期間、

市民オーケストラに所属していたことがあるのですが、
今日の1曲目の「エグモント 序曲」 はそのオーケストラで初めてやった曲で、当時のことを色々思い出しました。
指揮の見方がわからなくて最初戸惑ったな~とか、
そのオーケストラで41番を弾いてモーツァルトも好きになったんだったな~とか、
どうしても本番までに弾けなかったところがあったなーとか、
あのとき弾けなくって、私、どうしたんだっけ・・・・?とか。

今日のコンサートは、チケットを取るときに行かないと言ってたので、
私の分のチケットは無かったんですが、
今日になって急きょ1人行けなくなって、
たまたま代わりに行くことになったんです。

バイオリン関係は普段自分のなかでは、
「昔習ってた」以上には思い返す事がない記憶なのだけど、

五感の引き出しはあなどれませんね。
この頃は、こういう偶然の出来事で記憶を呼び起こされることがよくあります。

なないろラボ

さっき、今日の仕事先のテナントビルにある自動販売機で、
飲みたいのを買おうとしたら小銭が足りず、
でも手持ちのお札はその自販機では使えず、
しかたなく、小銭の範囲内で買える小さい紙パックのコーヒーを買いました。

で、今、飲んでいるのですが。

初めて買ったはずなのに、すっごくなつかしい味がするんです。。

初めて買ったのに・・・。でもこれ絶対飲んだことある・・・。
なんだっけ?なんだっけこれ?
と、味わいながら無になること数分。

・・・思い出した!

パッケージが変わってたから気づかなかったけど、
この紙パック90円のコーヒー、
高校のときに、体育館の脇にあった自販機で、
いつも買ってたアレだ!

・・・と、思い出したとたん、
その自販機に飲み物を買いに行ってた休み時間の風景とか、
体育後とか運動部の人たちの風景とか、
時間によっては誰も人がいなくてしーんとしてる場所だとか、
当時からの友達と会っても普段は思い出しもしないような記憶が、
ぶわ~~~~っ!と、一気によみがえってきました。

同時に、
「私、こんなささいな風景とか出来事まで、覚えてたんだー!」
という驚きも。

味覚の記憶って、すごいなぁ。。

色の記憶とか音の記憶とか香りの記憶とかは普段も感じやすいけど、
味覚で、忘れきっていた記憶がこんなにも鮮明によみがえる体験をしたのは、初めてです。

ちょっと感動しました。

五感を使って体験したことは、普段は思い出さなくても、
潜在意識という引き出しの中に、しっかりしまってあるんだなーと、
再確認した出来事でした。

ちなみに、そのコーヒー飲料はコレです。→
森永乳業のキリマンジャロ。
当時のパッケージはふつーに四角くて、
黄色かった・・・ような気がします。
キリマンジャロとか飲んでる高校生、なんか渋いなー。
中味はすっごく甘ったるくておいしいんですけどね。

でも、当時ホントに1番飲んでたのは、
しつこいくらいに「午後の紅茶」だったなぁ、なんてことも、思い出しました。

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー

定期的にランチデートする友達・Sちゃんお気に入りの 「星のなる木」が、
Sちゃん宅の近くにも今月オープンしたそうで、一緒に行ってみました。

「星のなる木」は懐石料理がベースのお店で、
私は初めてだったのですが、ちょっとおもしろいメニューを見つけました。
「花鳥風月」というお重ランチのコースです。
このコース、前菜で、中国五行の「五味五感五法」を用いたお料理が食べれるんです。

五行は「万物は木・火・土・金・水の5元素から成る」という考えのことです。
五味は、「甘い、辛い、塩辛い(鹹)、苦い、酸っぱい」の五つの味で、
すべての味をバランスよく摂ると、五臓の機能が高まるという考えがあります。
料理においての五感は 「色合い、音、香り、温度、味」、
料理においての五法は 「生食、焼く、煮る、揚げる、蒸す」です。
五行には「五色」もあり、「青(緑)・赤・黄・白・黒」がその5色です。
メニューには五色は入ってないですが、お料理全体の彩りは、五色も揃っていました。

どの五味がどのお料理かの説明書きを見ながら食べれるので、楽しかったです。
(味わえばわかることではありますが。)
肝心のお料理としての味も、おいしくて満足でした。
お重コースだと別注文になりますが、デザートもおすすめです。

お店の空間も、「天空の庭 星のなる木」となっている通り、
展望台さながらの景色(空)が広がる空間が少人数のスペースで区切られていて、
個室じゃなくてもプライベート感があふれていたので、とってもくつろげました。

これまで、日本料理で五味五法を取り入れたメニューを食べれるお店は
「みちば」しか知らなかったので(久しく行ってないですが・・・)、
新しいお店を知って、ちょっと嬉しい気持ちです。

天空の庭 星のなる木
星のなる木
みちば




なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
09年7月に新ブログに移転しました。
Happy
Color.Labo

五感のイメージ連鎖を体験したことはありますか?

色を見て香りや音や触感や味を感じたり、
音を聞いて色や香りや触感や味を感じたり、
香りを嗅いで色や音や触感や味を感じたり、
触れたものから色や香りや音や味を感じたり、
味わったものから色や音を感じる、

というような、五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)のイメージ連鎖のことです。
上に挙げた五感から五感へのイメージ連鎖以外にも、
形や線や言葉から、五感のイメージが湧くこともあります。

画家のカンディンスキーは、音から得た色の感覚を絵にしたことで有名です。
ワインの味を豊かに表現をする人も、五感のイメージ連鎖が豊かな方と言えるでしょう。

ちょっと想像してみてください。

イエローを音で表すとしたら、どんな音だと思いますか?
どんな香りで、どんな触感だと思いますか?

お母さんのだっこを、色や香りや音でイメージするとどんな感じですか?

聞こえてきた音楽を、色や香りや触感でイメージするとどんな感じですか?

街ですれ違った良い香りを、色や音や触感でイメージするとどんな感じですか?

イメージはその人の感性なので、正解・不正解はありません。

「そんなイメージ、感じない」という人でも、
小さい頃ならそういうのを想像したり感じてた気がする、という人は結構います。

私の一番古いイメージ連鎖の記憶は、
昔やってたバイオリンの、4本の開放弦の音(0の音)と色のイメージです。

一番低い音の4弦(G線・ソ)はこげ茶色、チョコの色。
3弦(D線・レ)は深緑か紺っぽい青、
2弦(A線・ラ)はオレンジか赤。
一番高い音の1弦(E線・ミ)は光のような黄色か金色。

こんな感じで、いつも音を色でイメージしてました。
今も音楽を聴くと、色のイメージが浮かんで来ることが多いです。
香りを嗅いだときも、色のイメージが湧いたりします。

「見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れる」の5つの感覚のうち、
どの感覚が優位かは、人によって違います。
そして、どの感覚を使うかのパターンは、わりと普段の行動に現れます。
イメージ連鎖をよく感じる人であれば、どの感覚でイメージが湧くかにも現れます。

カラーセラピーのボトルを例に挙げると、ボトルに対面したとき、
ボトルを見るだけの人、手に取る人、香りを嗅ごうとする人など、色々です。
視覚が優先する人、触覚が優先する人、嗅覚が優先する人、それぞれ行動が違うんですね。

他にも、カラーボトルを使うとか見ることにはあまり興味を示さないのに、
ポマンダー(香りのエッセンス)の説明をするとがぜん目が輝いたりする人もいるので、
五感の優先傾向はおもしろいです。

五感のイメージ連鎖は、意識的にやることもできるので、
最近あまり感性を磨くようなことをやってないなと思うときは、
身近なものと五感を使って、イメージを膨らませてみてください。
感性を磨くだけでなく、脳トレにもなりますよ。





なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
09年7月に新ブログに移転しました。
Happy
Color.Labo