コンテンツへスキップ

黒、ブラックの色の意味

黒は光がなくなったときの色です。

白が光なら、黒は光が失われたの状態です。

カラーセラピーにおいては色は心なので、
すべての色を吸収してしまう黒は
癒しの色にはなりません。

ですので、選択肢にも黒がない場合がほとんどですが
こころが黒を求めることはあります。

黒はすべての色を含む色なので、

すべてがある何色にでもなれる多様な可能性がある色です。

これらのキーワードは白と同じですが
白と大きく違う点は、黒は分光できないので
どの色も姿を現さないことです。

 

黒が気になるときは、

・本当の自分を守る

・外界をシャットアウトする

・溢れるエネルギーを抑える

というテーマがあるときかもしれません。

また、ポリシーや事情があるわけでもなく、なぜか黒い服しかしか着れないという人は、
心の多様性や心の豊かさのテーマが潜んでいるかもしれません。

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------