コンテンツへスキップ

パーソナルカラーで似合う色って、一生変わらないの?

パーソナルカラー診断でよくある質問のひとつに

「パーソナルカラーの似合う色って、一生変わらないの?」

というものがあります。

パーソナルカラー診断では、
肌の色を大きくイエローベースかブルーベースかをみます。

img_blueoryellow

このベースカラーは、
肌、瞳の色、虹彩の形、血管の色、髪の色など、生まれつき持っている色素の特徴で決まるので、ずっと変わることはありません。
(ただし、瞳の色や虹彩の形や血管の色は、気温や運動量の血流で変わるので、
決定打にはなりません)

ベースカラーを決めるために、
各シーズンの基本色のドレープをあてて顔色の変化をみます。
顔色は色みや明度、彩度で変化します。「春・夏・秋・冬」というシーズングループに分けていきます。

春          夏
img_fourseason
秋          冬

シーズンカラーも、生まれ持ったものを掘り下げていくので、ずっと変わることはありません。

ならやっぱり、
一度診断された色は変わらないのかというと、少し違います。

環境や年齢で、肌の色って変わるんです。

肌の色が変われば、似合う色も変わります。

では、どんなときに肌の色が変わるのか。

日焼けしたときや、サロンなどで意識的に色黒にしたとき、逆に日焼けした肌が元に戻ったとき などはいい例です。

img_hiyake

日焼け前と後の肌色は明度や彩度が変わります。
人によっては赤みを帯びたりもしますので、
一時的にでも、似合う色が違ってきます。

さらに、年齢などでも、肌の色は変わります。

個人差はありますが、
年齢によって血色が変わってきたり、人によっては黄みが出てくる人もいます。

img_1986

ブルーベースの肌の人でも黄みを帯びてくることはありますから、

シーズングループは変わらなくても、シーズンカラーの中のベストカラーは変わってくるでしょう。

(ここで、黄みを帯びてきたからと言って
ブルーベースの人がイエローベースに変わることはないところがキモです。)

パーソナルカラー診断の色は
ベースカラーやシーズンカラーは変わらないけど、
シーズングループの中で、似合うカラーやベストカラーが変わることがあります。

これが、「パーソナルカラーの似合う色は変わらない?」という質問の答えです。

もしも、最近肌の色が変わった気がするなぁと感じたら、もう一度パーソナルカラー診断を受けてみるといいかもしれません。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ も読んでみてくださいね。

パーソナルカラー診断記事一覧