コンテンツへスキップ

‪お手持ち服でざっくりパーソナルカラー 診断⑮:4シーズン別・肌映えするのはどのベージュ?

4シーズン別のベージュ

ベージュは、白とわずかな黒(高〜中明度のグレー)に黄色や赤が入った色です。
ごく淡い茶色でもあります。

ベージュはイエローベースの春や秋の人のほうが着こなしやすい色で、
ベージュのトレンチコートなどはブルーベースの人には難しい色みが多いです。

ブルーベースの人は、少し赤みを感じるピンクやローズ系のベージュや
色みをあまり感じない白に近いベージュを選ぶと良いでしょう。

左上のイエローベージュが春、
左下の色みが強くなったイエローベージュが秋、
右上のピンクベージュが夏、
右下の赤みを感じるグレージュに近いベージュが冬です。

夏や冬の人はイエローベージュを持っていないことも少なくないのですが、
もしいくつかベージュの服を持っていたら、
一番すっきり見えるベージュを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧