コンテンツへスキップ

となりは何をする人ぞ

今日カフェで、1つしか空いてなかった席に座ったら、
おとなりさんが、色彩検定の勉強をしていました。

普段はとなりの人がやってることをいちいち見たりしないけど、
今日のカフェはテーブルとテーブルの感覚が狭くて
視界の端になんかカラフルなものが飛び込んできたので、
さりげなーく見てみたら、PCCSの色相環だったのです。
(こーゆうのです→)

市販の色彩検定の過去問を、一生懸命解いている様子でした。
さっと見えた感じでは、3級っぽい感じ?でした。

3級・2級は、実際の色彩設計で使う配色理論や色彩心理が出てきたり、
のちに1級を受けるときも3,2級の内容を理解してないと問題が解けないという、
超大事な内容が詰まっているのです。

色彩検定は毎年6月と11月に行われるのですが、けっこう毎シーズン、こういう感じで、
カフェで色彩検定の勉強をしている人に、遭遇します。
私も色彩検定はどの級を受けたときも、かなり真面目に勉強してたなー。

色彩検定はちゃんと内容を理解できたらきっと合格できます!ので、
受験予定がある方はがんばってください!ね。
なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です