コンテンツへスキップ

2009年は「11」の年

2009年は、
2 + 0 + 0 + 9 = 11 ということで、
「11」のエネルギーを持つ年です。

通常は、さらに足して 11 → 1 + 1 = 2 で、
2009年は「2」の年・・となるところなのですが、
「11」、「22」、「33」 などのゾロ目はマスターナンバーと言って、
単独で意味を持つ数字です。

「11」 は、「1」 のエネルギーを強めた数字ですが、
「1」 は、“I am (私は存在する)”ということを示していく男性的な数字であるのに対し、
「11」 は 「2」 に属する数字でもあるので、「1」よりは女性的で繊細な質を持ちます。

誕生日を足して「11」になる人は、人との関わりの意味が「1」よりも強く、
人の意見を良くも悪くも大事にする面もあり優柔不断さも見受けられるようです。
感覚的で、インスピレーションやひらめきをうまく生かせる人が多いとされています。


オーラソーマの11番ボトルは、「クリアー/ピンク:花の鎖」。
レスキューボトルのうちの1本で、「ラブレスキュー」の別名も持ちます。
オーラソーマで重要なボトルのうちの1本です。

11番ボトルのその他のキーワード:
スピリチュアルプライドを手なづける、あらゆる状況を通じて成長する、
人からの賛同を求めない自立、ありのままの自分を愛する、
女性的なエネルギーを活性化させる、など。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
新ブログに引っ越しました。Happy
Color.Labo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です