コンテンツへスキップ

「袖振り合うも他生の縁」

「袖振り合うも他生の縁」。

好きな諺です。
頂いたコメントに書いてあったのをきっかけに、あらためて意味を調べてみました。

「道のいきすがりに袖が振れ合うというような、ほんのささやかな偶然な出会いであっても、
それは前世からの深い緑で起こるのです。人との絆を大切にしたいものです。」

ほんの一瞬の出会いでも縁がある、という諺だと思っていたら、ただの縁ではなく、
「前世からの深い縁」だったのですね。
よく見れば、「他生」ってあるのですが・・・今まで気づいていませんでした。
今まで以上に、人との出会いを大切にしたくなる、素敵な言葉。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*(旧CHERISH)
カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座