コンテンツへスキップ

パッチ・アダムス

ついさっきまで、あちこちのシーンで涙を流しながら観てました。

去年仕事で2ヶ月ほどお世話になったイギリス人のサイコセラピストの先生に
勧められたまま、ずっと忘れていたのですが、ふと思い出し借りてみました。
パッチ・アダムスは実在するお医者さんで、ほぼノンフィクションなのです。

医大に入学したのは実際は20代前半とか細かいところで映画仕様になっているところもあるそうですが、このエピソードの数々が実話っていうのはすごいです。

「ボクは、あのエイガが、大好きデス」と言っていたその先生とパッチ・アダムスが
かぶって見えてしょーがなかったのですが、とってもいい映画でおすすめです。
ケアする立場のホスピタリティをしめしてくれる映画です。

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です