コンテンツへスキップ


「自分により似合う色を知りたい!」と思うのと、

スキンケアに対してのこだわりのようなものは、近い感覚だなーとよく思います。

きれいになれるのが楽しいところ、

気にしない人は気にしないところ、

気にする人の方がより確実にきれいになれるところ。

かといって、気にしすぎや囚われすぎはよくないところ。


パーソナルカラーは、お肌の色を基準に「パーソナル」というくらいなので、

ドレープをあててみると本当に色の傾向が1人1人違います。

そして、パーソナルカラー診断にいらっしゃるお客様は、

診断を受けたいと思うだけあって、

シーズンをまたがる人がいたり、

シーズンに関係なくお肌の魅力が輝く色を持っていたり、

自分のシーズンでもお肌の魅力が消える色があったり、

パッと見では判断できない方が多いように感じます。

診断をしなくても自分をより良く見せる色がわかりやすい人や

顔色が多少悪く見えても気にならないという人や

違和感をカバーする腕前が高い人は、

こういう診断を受けようとはあまり思い立たないでしょうから、

そういう人にはパーソナルカラーは必要ではないかもしれません。

(そういう人でも実際受けてみると新しい発見があると思いますが)


パーソナルカラーは、判断が難しい方や色をより楽しみたい人にとって、

その人自身の外見だけでなく生活にもうるおいが生まれるようなのものになると思います。

色を楽しむことは生活を楽しむこと。

パーソナルカラー診断は一番自分に近い色の楽しみ方であり、色と仲良くなる方法なのだと思います。

(プロによるパーソナルカラー診断を受けてみたい人は こちら も見てみてね)