コンテンツへスキップ

4シーズン別のグレージュ

グレージュは、グレーとベージュの間の色みです。

ベージュは白とわずかな黒+レッド・オレンジ・イエローなどの暖色でできています。

ベージュより黒の割合がやや多くなると、灰みを帯びたベージュ、つまりグレージュになります。
(色みを帯びたグレーでもあります。)

左上のイエローオレンジ系のグレージュが春、
左下のややカーキよりのグレージュが秋、
右上のピンク系の淡いグレージュが夏、
右下の青みピンク系のグレージュが冬です。

イエローベースのグレージュはオレンジや黄色の色みのグレージュ、
ブルーベースのグレージュはピンク(赤)の色みを帯びたグレージュです。

もしいくつかグレージュの服を持っていたら、
顔色が悪くない、老けて見えないグレージュを探してみてください。

ちなみに、
グレー基調のグレージュがより似合えばブルーベース、
ベージュ基調のグレージュがより似合えばイエローベースです。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧