コンテンツへスキップ

4シーズン別のベージュ

ベージュは、白とわずかな黒(高〜中明度のグレー)に黄色や赤が入った色です。
ごく淡い茶色でもあります。

ベージュはイエローベースの春や秋の人のほうが着こなしやすい色で、
ベージュのトレンチコートなどはブルーベースの人には難しい色みが多いです。

ブルーベースの人は、少し赤みを感じるピンクやローズ系のベージュや
色みをあまり感じない白に近いベージュを選ぶと良いでしょう。

左上のイエローベージュが春、
左下の色みが強くなったイエローベージュが秋、
右上のピンクベージュが夏、
右下の赤みを感じるグレージュに近いベージュが冬です。

夏や冬の人はイエローベージュを持っていないことも少なくないのですが、
もしいくつかベージュの服を持っていたら、
一番すっきり見えるベージュを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

4シーズン別のカーキ

カーキは本来、土ぼこりの色を指す色名ですが、
洋服やメイクアイテムでは、くすんだ黄緑やくすんだグリーンをカーキとしていることも多いです。

今回は見た目の印象でカーキと認識されやすい、くすんだグリーン系の色を4シーズンに分けてみます。

左上のオリーブ系が春、
左下のダークオリーブ系が秋、
右上の青みの淡いグレイッシュグリーンが夏、
右下のグレイッシュグリーンが冬です。

オリーブ系がイエローベース、グレイッシュグリーンがブルーベース向けと考えるとわかりやすいでしょう。

もしいくつかカーキの色みの服を持っていたら、
一番輪郭がすっきり見えるカーキを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

4シーズン別のベビーピンク

ピンクは赤と白でできる色です。
ベビーピンクは赤はごく少量で白の量がかなり多い、かなり彩度が低いピンクです。

少量のイエローやブルーが加わると、色みに違いが出てきます。

ベーシックなピンクはこちら

左上のコーラル系のベビーピンクが春、
左下のオレンジ系ベビーピンクが秋、
右上のややブルー系のベビーピンクが夏、
右下のさらに彩度が低いブルー系のベビーピンクが冬です。

ベージュを感じるベビーピンクがイエローベース、ベージュを感じないピンクがブルーベースと考えるとわかりやすいです。

もしいくつかベビーピンクの服を持っていたら、
一番顔が明るく健康的に見えるものを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧