コンテンツへスキップ

4シーズン別のグレー

グレーは白と黒を混ぜてできる「無彩色」です。

パーソナルカラーの基本理論では
グレーはブルーベースの人が似合う色とされ、

とくに冬のカラーチャートには明るいグレーも暗いグレーもその中間のグレーも含まれています。

じゃあ冬以外の人はグレーはいまいちなの?かというと
そうでもなく、

「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひやくねず)」という言葉があるように、
グレーはバリエーションが豊富な色なので
イエローベースの人に似合うグレーもあります。

とくにここ10年くらいで定番色になったグレージュは、
グレー+ベージュという黄や赤が入ったグレーで、春の人に合うとされています。

左上がやや黄みを帯びた明るい(高明度域)の春のグレー、
左下がやや黄みを帯びた明るすぎず暗すぎず(中明度域)の秋のグレー、
右上が明るい(高明度域)の夏のグレー、
右下が暗い(低明度)の冬のグレーです。

グレーは「明るさ」なので、色味よりも明るさ・暗さで見たほうが、合うものを見つけやすいです。

そのうえで、明るめのグレージュが合えば春の傾向が強く、
白に近いライトグレーが合って暗いチャコールグレーがいまいちなら夏、
暗めで色味も感じるグレーが合えば秋、
ライトグレーもチャコールグレーも黒も合うなら冬です。

もしいくつかグレーの服を持っていたら、
一番地味に見えない、いつもと同じように見えるグレーを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

2年ぶりに地元・佐倉市の花火大会に行ってきました。

佐倉の花火は、わざわざ里帰りしようと思えるくらい、素晴らしい花火が上がるんです。

おととし見たときも感動したけど、今年はもはや芸術作品の域に達してました。

こんな素敵な花火を作る職人さんは色の魔術師だしアーティストだなぁって思います。

ちなみに花火の色は、金属を燃やして作られます。

参考↓(株式会社キャノンHPより引用