コンテンツへスキップ

4シーズン別のホワイト(白)

今回は、白(ホワイト)を春夏秋冬に分けてみます。

白にも色々種類があって、
イエローベースとブルーベースに分けられます。

アイボリーやオフホワイトと言われる
黄みを帯びた白はイエローベース、

色みを感じないノーマルな白や雪のような眩しい白は
ブルーベースです。

左上のオフホワイトが春、
左下のアイボリーが秋、
右上のホワイトが夏、
右下のスノーホワイトが冬です。

黄みを感じるやわらかい白はイエローベース、黄みを感じない白がブルーベースの白です。

もしいくつか白い服を持っていたら、
一番顔がパッと明るく見え、顔に影ができない白を探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

4シーズン別の紫(パープル・バイオレット)

今回は紫を春夏秋冬に分けてみます。

むらさきは赤と青でできている色、かつ黄色の補色。

イエローの要素がない色なので比較的ブルーベースの人向きの色ですが、
比較的みんなに似合いやすい色です。

黄色の補色なので、イエローベース、ブルーベース問わず、診断が難しい色の1つだと思います。

赤み寄りの紫、パープル

左上が春、左下が秋、
右上が夏、右下が冬。
※ブラウザの環境により色味が異なって見えることがあります。

青み寄りの紫、バイオレット


左上が春、左下が秋、右上が夏、右下が冬。
※ブラウザの環境により色味が異なって見えることがあります。

青紫よりの色みは春、それ以外の紫はそれ以外のシーズンにもそれぞれ似合うトーンの紫があります。

もしいくつかむらさきの服を持っていたら、
顔色が白浮きせずパーツがくっきり見えるむらさきを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
メイクする前に着てみるのがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

4シーズンのターコイズ

今回はターコイズを春夏秋冬に分けてみます。

ターコイズは、イエローとブルーが 1:3 でできている色です。

そこからさらに、
イエローが増えればターコイズグリーン、
ブルーが増えればターコイズブルーになります。

基本的に、

イエローベースの人はターコイズグリーン、
ブルーベースの人はターコイズブルー

が肌色になじみやすい傾向があります。

左上が春の明るいターコイズグリーン、
左下が秋の暗めのターコイズグリーン、
右上が夏の明るく薄めのターコイズブルー、
右下が冬の鮮やかなターコイズブルーです。

※ブラウザの環境により色味が異なって見えることがあります。

もしいくつかターコイズの服を持っていたら、
顔色が黄色く、もしくは青く見えないものを探してみてください。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧

4シーズン別のブルー(青)

今回はブルーを春夏秋冬に分けてみます。

「ブルーベース」という言葉のとおり、
ブルーはの夏と冬のグループの基調色です。

イエローベースの人がブルーを選ぶときは、
少し黄みによった青を選ぶのがポイントです。

左上の明るい黄みよりのブルーは春、
左下のくすんだ黄みよりのブルーが秋、
右上のペールブルーが夏、
右下の鮮やかなロイヤルブルーが冬です。

※ブラウザの環境により色味が異なって見えることがあります。

もしいくつかブルーの服を持っていたら、
一番顔立ちがはっきり見えるものを探してみてください。
イエローベースの人が合わないブルーを身に着けると顔の影が目立つので
顔の影が目立たないことを基準にするのもよいでしょう。

手持ちの色がパーソナルカラーとして肌映えするかどうかは、
「メイクする前に着てみる」のがポイントです。

下地やファンデーションつけると肌色や肌の状態が変わってしまい、
似合う・似合わないの判断がしづらくなってしまうのでお気をつけくださいね。

ドレープを使った本格的な診断を受けてみたいという方は、
パーソナルカラー診断の流れ をご覧ください。

パーソナルカラー診断記事一覧