コンテンツへスキップ

なないろラボ のカラーセラピーでは、色からイメージした絵を描きます。

アートセラピーでも、 絵を描きます。

「なにが違うんですか?」と、よく訊かれます。

何が違うのかというと、

カラーセラピーで絵を描く場合は色からイメージしたものを絵にするのに対し、

アートセラピーでは自分の感覚をダイレクトに絵にします。

セッションの進め方の違いは、

カラーセラピーでは、
クライアントさんが絵について語る内容のほかに、
色彩(オーラソーマの場合はボトルの意味も)をプラスして
対話を進めていくのに対し、

アートセラピーでは、
クライアントさんが絵について語る内容のみで、
対話を進めていきます。
(色を軸にしていくことはありません。)

「どっちのセラピーを選べばいいの?」という質問については、

絵を描くという点では、
イメージすることに慣れている人は、より興味が強い方でいいと思います。

ただ、話すのが苦手な人の場合は、
アートセラピーであれば話をしないで発散する方法もありますが、
カラーセラピーはどうしても話すことが必要になってきますので、
話をするのが苦手な人はアートセラピーがおすすめです。

話をするのも絵を描くのもいいけど「イメージすることが苦手」という人は、

カラーというワンクッションがあるカラーセラピーのほうが、絵を描きやすいかもしれません。

ちなみに、
アートセラピーで色の意味を伝えずに話を進めていっても、
絵について語られる内容が色の意味とリンクしているということは、とてもよくある現象です。

 

カラーセラピー関連記事を読む

アートセラピー関連記事を読む

お申込はこちら

以前、
「ネイルのボトルでカラーセラピーをやってもいいの?」
という質問を受けました。

 

ネイルカラーはほんとに多色多彩で
そのままカラーセラピーボトルにしたいくらい
色がきれいなものが多いですよね。

 

ですが、
ネイルのボトルをカラーセラピーボトルの代わりに使うのはあまりおすすめではありません。

 

お客様によって普段どんなネイルをしているのかでも違ってはくるのですが、

ネイルのボトルを見ると、多くの人が

「爪に塗る」

という無意識が働いてしまうので、

選ぶ色が「心が呼ぶ色」ではなくなってしまう可能性があるのです。

 

カラーセラピーでは「無条件な状況で色を選ぶ」ことがとても大切 ですので、

 

ネイルとカラーセラピーを組み合わせるときには、
まず用途に条件がないもの(できればカラーセラピー専用のツール)で色を選び、

カラーセラピーはカラーセラピーで行ったのちに、アフターサービスとしてネイルを行うのがベストかと思います。

 

カラーセラピー関連記事を読む

カラーセラピーを受ける

カラーセラピーを受けに来る人は、多かれ少なかれ、

身近な人には言えない、話したところでわかってもらえない、

身近な人ではない人と話をしたいという気持ちを持っています。

 

カラーセラピーは心情や状況を言い当てるためのものではないので、

色の意味が当たってるかどうかは重要ではないのですが、

それでも、

相手から「当たってる」とか「今、まさにそういう感じです」という言葉が出たときは、

その方の、カラーセラピーやカラーセラピストに対する距離が、ぐっと縮まります。

 

自分の心にぴったり合うキーワードを聴くことで、

「わかってくれた」、「わかってくれるかも・・」

という気持ちが、生まれるからです。

 

人は、悩みがある人も無い人も、生まれながらに

「理解されたい」

という欲求を持っているので、

 

カラーセラピーのような場において、「当たってる」という状況は、

心の扉を開くという点で、とても効果があるのです。

 

カラーセラピー関連記事を読む

カラーの仕事にはいくつか種類があります
モノや空間のカラープランを考えて提案するカラーコーディネート

カラーコーディネートの中でも肌色とファッションに特化したパーソナルカラー

色の心理効果やイメージを利用してメンタルケアや悩み相談をするカラーセラピー

色彩学や色彩文化や資格講座などを教えるカラー講師

ほかにも、
文化や民俗学などから色彩を研究している方や
染色家、テキスタイルデザイナーさんも色のお仕事と言っていいと思いますし、
色彩関連の企業には色料や色材を作る専門家の方もいらっしゃったりしますが、

今回はフリーでやっている人が一番多い、カラーコーディネーターパーソナルカラーコンサルタントカラーセラピストカラー講師について書いていきます。

 

今回は、 カラー講師 のお仕事です。

カラー講師は、「先生」としてカラーの色々を教えたりプロを育てる仕事です。講師にも色々あり、

色彩学やカラーに関することすべて対象のカラー講師

色彩検定を教える色彩検定講師

カラーリストやセラピストなどプロを育てる養成講師

イベントやワークショップを行うファシリテーター

などがポピュラーです。

 

また、講師に求められることも、開講される講座によって異なります。

色彩学や文化を教える講座であれば 受講者の学びを深める

プロ養成講座であれば 受講者をプロとして通用する人材に育てる

検定合格講座であれば 受講者を試験に合格させる

イベントやワークショップの講師であれば イベントのテーマを通じて色彩体験をしてもらう

などです。

講師になるためのステップも、内容によって異なります。

 

●ファシリテーターの役割としての講師●
ファシリテーターとしての講師は、資格や経験を問わず、やってみたいこととアイデアがあれば誰にでもできます。イベント出展や他業種とのコラボができるので、自ら企画を立てイベントに参加して実績を積んでいく人は多いです。比較的気軽にでき、自分で何かをしたいという同士に出会えるメリットもあります。

●プロ養成講座の講師●
パーソナルカラーアナリストやカラーセラピストになりたい人を育てる講師です。
スクールでその道の講師になるために必要なことを学び、認定試験を受けて合格したら講師デビューという段階を踏むことが多いです。認定を受けたあとはスクールやお教室を立ち上げて活動していくのが王道です。講師になるまで時間もお金もかかりますすが、自分のスクールやサロンを持ちたい人におすすめです。

●色彩検定の講師●
色彩検定を受ける人を合格させるための講師です。AFTが開講している1級取得者対象の色彩講師養成講座というものもありますが、講師活動をする上で受講必須ではありませんので、検定合格者であれば教えることができます。(ただし、検定講師は期間内に受講者を合格レベルまで指導するというプレッシャーがありますので、自分なりの指導メソッドや合格へのコツを把握しておくことは大事です。)

色彩講師養成講座は修了後に仕事の紹介などあるようですので、検定講師として活動予定の人は受講するとよいと思います。


今は情報が商品になる時代ですので、講師の仕事で得られる経験と実績は意外と大きいです。カラーの楽しさや面白さを多くの人に伝えられますし、仕事に自信を持てるようになります。過去の仕事や経歴を提示するときに、理解されやすいのは講師の実績だったりもします。

人前に立つことが必須の仕事なので、向き不向きはあると思いますが、人前で教えられるようになることを目標に色々学ぶと、仕事にしていけるようになるのも早いと思います。

 

関連記事を読む


カラーの仕事にはいくつか種類があります。

モノや空間のカラープランを考えて提案するカラーコーディネート

カラーコーディネートの中でも肌色とファッションに特化したパーソナルカラー

色の心理効果やイメージを利用してメンタルケアや悩み相談をするカラーセラピー

色彩学や色彩文化や資格講座などを教えるカラー講師

ほかにも、
文化や民俗学などから色彩を研究している方や
染色家、テキスタイルデザイナーさんも色のお仕事と言っていいと思いますし、
色彩関連の企業には色料や色材を作る専門家の方もいらっしゃったりしますが、

今回はフリーでやっている人が一番多い、カラーコーディネーターパーソナルカラーコンサルタントカラーセラピストカラー講師について書いていきます。

 
今回は カラーセラピスト のお仕事です。

(カラーセラピーについてはこちらをどうぞ)

カラーセラピストの役割は、
クライアントが色の意味や色から感じることを通じて悩みの突破口を見つけたり、心を軽くする目的で話を聴くことです。

(色彩光線を当てる色彩療法治療というものもありますが、代替医療の分野になるためここでは割愛します。)

現代はストレス社会と言われ、ストレスケアやリラクゼーションの時間を持つことが健康に過ごすために欠かせないこととして認識されています。

カラーセラピーは、ストレスケアができてカラーの楽しさも味わえるため、女性に人気があります。

カラーセラピストになるためには、色相の基本、色の意味、色彩心理学、色彩文化、心理学、カウンセリング技法、東洋医学の概念 などを学びます。

他のカラーの仕事と違うことは、外見や他者の目に触れる部分ではなく、
人間の心、他者から見えることが無い部分を扱うことです。

クライアントが自分自身で気づきを得られるように対話をするために、
配色技法や色彩学よりも、心理学やカウンセリング技法の方が必要なスキルとなることも大きな違いです。

とはいえ、カラーを前面に打ち出してる以上、カラーに興味があるお客様がほとんどですし、カラーデザインの場でカラーセラピー効果も意識されるようになっていますので、色彩学が役に立つことはたくさんあります。

ストレスケア以外にも、コミュニーケーションスキルを高めるワークショップなども需要がありますので、心理学とカラーの特性を使いこなすことで、幅が広がっていく仕事です。

 

カラーセラピー関連記事を読む

カラーの仕事にはいくつか種類があります。

モノや空間のカラープランを考えて提案するカラーコーディネート

カラーコーディネートの中でも肌色とファッションに特化したパーソナルカラー

色の心理効果やイメージを利用してメンタルケアや悩み相談をするカラーセラピー

色彩学や色彩文化や資格講座などを教えるカラー講師

ほかにも、
文化や民俗学などから色彩を研究している方や
染色家、テキスタイルデザイナーさんも色のお仕事と言っていいと思いますし、
色彩関連の企業には色料や色材を作る専門家の方もいらっしゃったりしますが、

今回はフリーでやっている人が一番多い、カラーコーディネーターパーソナルカラーコンサルタントカラーセラピストカラー講師について書いていきます。

今回は、 パーソナルカラーアナリスト のお仕事です。

パーソナルカラーアナリストやパーソナルカラーコーディネーターなども仕事内容は同じです。(パーソナルカラーについては「パーソナルカラーとは?」をどうぞ)

パーソナルカラーコンサルタントは、個人のファッションに特化してカラーコーディネートの提案をします。

色使いで、お客様の外見的な魅力を引き出すことが主な仕事です。

パーソナルカラーは、数あるカラーの仕事の中でもお客様からのニーズも多く、人気が高いですし、受けがいいです。

個人のお客様はもちろん法人の方からも興味を持って頂きやすいので、
社員研修の依頼を受けることができたり、カルチャースクール、イベントなどでも比較的、案が通りやすいように思います。

また、パーソナルカラーの分野は、骨格診断、顔立ち分析、フェイスストレッチ、立ち振る舞いのアドバイスなど、

印象をトータルで提案するイメージコンサルタントとして活動している方もたくさんいます。

パーソナルカラーはプラスアルファで仕事の幅を広げていきやすいと思います。

パーソナルカラーを仕事にしたいと思ったら、まずは基本となる色彩学をしっかり学びましょう。
そのあとに、パーソナルカラーの専門的な勉強をしていきましょう。

パーソナルカラーでカラーを提案することは、意外と難しいです。

「肌がキレイに見える」だけでは診断できないパターンや要素がたくさん絡んできますし、
鏡越しでお客様と自分の姿をずーっと見ながら進めていく作業なので、自信がない診断はお客様にすぐに見抜かれてしまいます。

しっかり学んで、練習して、診断に自信を持てるようになることも大切です。

パーソナルカラー関連記事を読む

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラー診断のお申込はこちら

カラーの仕事にはいくつか種類があります。

モノや空間のカラープランを考えて提案するカラーコーディネート

カラーコーディネートの中でも肌色とファッションに特化したパーソナルカラー

色の心理効果やイメージを利用してメンタルケアや悩み相談をするカラーセラピー

色彩学や色彩文化や資格講座などを教えるカラー講師

ほかにも、
文化や民俗学などから色彩を研究している方や
染色家、テキスタイルデザイナーさんも色のお仕事と言っていいと思いますし、
色彩関連の企業には色料や色材を作る専門家の方もいらっしゃったりしますが、

今回はフリーでやっている人が一番多い、カラーコーディネーターパーソナルカラーコンサルタントカラーセラピストカラー講師について書いていきます。

 

今回は、 カラーコーディネーターのお仕事です。

カラーコーディネーターは、
デザインされた製品の「色の組み合わせをプランニング(=カラーコーディネート)」
をする人です。

(カラープランナー、カラーコンサルタントなども、呼び方は違いますが、やることはカラーコーディネーターと同じです。)

カラーコーディネーターが仕事をする分野は、ファッション、インテリア、エクステリア、プロダクト、フードコーディネート、フラワーコーディネート などなど、多岐に渡ります。

カラーコーディネーターの仕事は、デザインと結びつけて考えられがちなところがあるのですが、実は、

「カラーデザイン」と「カラーコーディネート」は似ているようで違うんです

デザインは 「作る」作業、

コーディネートは 「組み合わせる」作業

です。

カラーコーディネーターの主な仕事は、
デザインされた製品の「色使いを考え、組み合わせを考え、提案する」
こと。

たとえばインテリアの分野では、

インテリアショールームなどでたまに、建材(壁材や床材)や建具(ドアや窓)の相談を受けるカラーコーディネーターさんを置いているところがありますが、

建材や建具のほかにも、ソファ、クッション、カーテン、ラグ、テーブル、椅子など家具や小物も含めて

トータルでコンセプトやイメージを決め、それを表現できる色使いやテイストを提案します。 

近年は色がもたらす心理効果への関心がとても高まっているので、
医療や福祉の分野でカラーデザインを求められることも少なくありません。

カラーバリエーションを特色として打ち出したい製品の企画などでは、
デザイナーとは別にカラーコーディネーターが商品のカラー展開を提案することもあります。

こういった場合はプロジェクトチームの一員としてカラーに関わる部分を担当することになります。

(一般的には、カラープランを立てることはデザイン作業の一部なので、デザイナーの仕事であることがほとんどです。
もしも商品企画などのカラーデザインをメインでやりたいのであればカラーの枠を越えてデザイナーを目指してみるのがおすすめです。)

カラーコーディネーターの仕事をするためには、まずは色彩検定か東商カラーコーディネーターの勉強をするのが近道でしょう。
同時に、どんな風に仕事をしていきたいか、イメージも膨らませてみてください。

 

カラービジネス・進路相談の関連記事を読む

カラーの進路相談はこちら

進路相談のお申込はこちら

syougatu1

正月あけましておめでとうございます正月
今年もどうぞよろしくお願いいたします

 
2017年1月1日は、一粒万倍日の元日です。

昨日も書きましたが、

一粒万倍日は、この日に始めたことは大きく広がっていく吉日と言われています。

 
さらに 2017年 は、

2 + 0 + 1 + 7 = 10

10 → 1 + 0  =  

という 「1」の年  で、
スタートの1年です。

 
この元日は最初の1歩を歩むのにとても向いてる日なので、
なにかやりたいことや育てたいことがある人は、

それを誰かに話すのもよし、
勉強を始めるのもよし、
目標用の貯金を始めるもよし、

自分なりの1歩として、なにか1つ種をいてみるとよいでしょうにわとり

今年もどうぞよろしくお願いいたします。