コンテンツへスキップ

syougatu

 

2016年も最後の日を迎えましたね。

この大晦日と元日は、2日間連続の 一粒万倍日 です。

一粒万倍日は、この日に始めたことは大きく広がっていく吉日と言われていて、
事始めに最適の日です。

今日は、明日迎える来年から育てたいことを考えて、どんな種をまきたいか考えてみるといいかもしれません。

本年、このブログに訪れてお読み頂いたみなさま、
ありがとうございました。

 
よいお年をお迎え下さいクローバー

img_colorcloset

カラーセラピーを受けて、必要な色(サポートカラー)がわかったものの、

どうやって取り入れたらいいのかわからない」っていう人が、結構いるみたいです。

サポートカラーを取り入れるっていうのは
その色を常に意識する環境を作る」ということなのですが、

一番手っ取り早いのは「その色を身にまとうこと」だと思います。

 
とはいえ、無理して全身をサポートカラーで固める必要はありません。

トップスかボトムスどちらかでいいし、
マフラーやストール、帽子などの小物、
ネイルやアクセサリーなどでもかまいません。

 
前にお客さんから聞いたのですが、

「そんなにしょっちゅう色のものを買えないから、ヘアゴムをブレス代わりにして手首にしてる」、

「常に持ち歩くノートをカラーセラピーの色にしている」

という人がいました。

そういう風に、気軽に取り入れられる物で大丈夫です。

 
そして、
サポートカラーを取り入れるときは、自分しか見えないところで身に着けるよりも、

他人からも見えるアイテムで身に着けたほうが
「その色と共にいる自分」を意識できます。

 
いつもと違う色で身につけると、意識もいつもと違う状態になるので、その色が目に入ってきやすくなるんです。

色は、生活の中で実用することで生かされるものなので、サポートカラーがわかったら
ぜひ、自分と人目につくように身につけて、取り入れてみてくださいね。

img_2552

スターウォーズは、

どんなことにも光(白)と闇(黒)の側面があって
それは常に表裏一体である

なんてことを感じさせてくれる大好きな映画です。

が、
今回のローグ・ワンはスピンオフ扱いだし、
アニメのクローン・ウォーズみたいな感じなのかな〜と勝手に思って、
あんまり気持ちが盛り上がってなかったんです。

 

ごめんなさい。
大間違いでした。

 

今までは、

「スターウォーズ観るなら、

4→5→6→1→2→3→4→5→6→7

の順で観てこそコンプリートだ!」

って思ってたけど、

 

「1→2→3→ローグワン→4→5→6→7

でも良くなったんじゃ・・・?」

「メインキャストほぼ出てないけど、

タイトルに3.5ってつけても良かったんじゃ・・・?」

と、うっかり思ってしまったくらいでした。

 

個人的には、ローグ・ワンは 7 よりいい作品だなーと感じましたし、好きです。

黒、ブラックの色の意味

黒は光がなくなったときの色です。

白が光なら、黒は光が失われたの状態です。

カラーセラピーにおいては色は心なので、
すべての色を吸収してしまう黒は
癒しの色にはなりません。

ですので、選択肢にも黒がない場合がほとんどですが
こころが黒を求めることはあります。

黒はすべての色を含む色なので、

すべてがある何色にでもなれる多様な可能性がある色です。

これらのキーワードは白と同じですが
白と大きく違う点は、黒は分光できないので
どの色も姿を現さないことです。

 

黒が気になるときは、

・本当の自分を守る

・外界をシャットアウトする

・溢れるエネルギーを抑える

というテーマがあるときかもしれません。

また、ポリシーや事情があるわけでもなく、なぜか黒い服しかしか着れないという人は、
心の多様性や心の豊かさのテーマが潜んでいるかもしれません。

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------

グレー、灰色の意味

グレーは燃え尽きたあとに残る灰の色です。

カラーセラピーにおいては、色は心です。
心を焼き尽くしたあとの灰(グレー)は
通常カラーセラピーの選択肢にない色ですが、
心がグレーを必要とするときはあります。

不死鳥は灰から再生しますし、
海外では神の復活の象徴として復活祭まで額に灰をつける習慣があるなど、
灰は再生や復活の象徴とされています。

体調を崩しているときに身体や心に一番刺激を与えずに過ごせる色もグレーです。

 

グレーが気になるときは、

・蘇るエネルギー

・白黒つけるのを避けている

・復活や再生

などのテーマがあるときかもしれません。

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------

白の意味

白は光と浄化の色です。

光(白)にはすべての色が含まれているので、
すべてがある、何色にでもなれる、多様な可能性がある色です。

また一方では、
すべてがそこにあるけれど見失っている、
選択肢がありすぎてわからない、何も無い、
無意味に感じる、という側面もあります。

 

白や無色透明が気になるときは、

・浄化

・涙を流す

・苦しみに気づく

・光

というテーマがある時期かもしれません。

 

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------

さんご色、コーラルピンク、サーモンピンクの意味

コーラルピンクは黄色みの強いピンク色で、
ジュエリー用に収穫される珊瑚の色です。

珊瑚は傷つきやすいため硬い外側で敵から身を守ります。
単体で生きられないので、珊瑚同士で身を寄せ合い、群を作って生きています。

コーラルピンクが気になるときは、

・つながりやぬくもり

・仲間やコミュニティ

・自立と共存

・傷ついた体験

・守り

などのテーマがあるときかもしれません。

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------

ピンク、桃色の意味

ピンクは多くの人が
恋愛や女性の象徴として受け止める色です。

淡いピンクは人を安心させる色であり、
優しさ、柔らかさ、甘やかさを感じさせます。

基本的に赤と白でできる色なので、赤と関わりがあります。
赤との違いは、主張が強くないこと。

「実は・・・」「ひそかに・・・」「本当は・・・」という感じは、ピンクの特徴です。

 

ピンクが気になるときは、

・優しさや安心を求めている

・愛情を受けたい

・前向きな気持ちが高まっている

・わかってほしい

というテーマがあるときかもしれません。

 

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------

赤紫、マゼンタの意味

マゼンタは赤に少し青が入った色で、愛情や体力に関係があります。

他者のケアやフォローをする立場にいる人や
人のお世話に関わっている人からよく選ばれ、
ケアする人をケアをする色 とよく言われます。

自然界に存在する色ですが、色料としてはかなり遅く作られたため、

「補完」「完璧」「細かいところに気がつく」などのキーワードに関わりがあります。

 

マゼンタピンクが気になるときは、

・自分自身を優先順位の一番にする

・自分を癒す

・他の人に任せる(隠れた信頼のテーマ)

・他者に完璧を望まない


というテーマがあるときかもしれません。

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------