コンテンツへスキップ

img_1997

このハロウィンの画像にどんな色がどれくらい使われているか、

ざっくりですが、カラー分析してみました。

2016autum2

(ブラウザにより多少色味が違って見えることがあります)

こんなふうに、写真や絵画をカラー分析してみると、
だんだん、見映えのいい色づかいや色の分量、構成などがわかってきます。

カラー分析に使うカラーカードは、
色彩検定を受ける予定があるなら

↓日本色研の新配色カード199a(または199b)

199b

を使って、
色相、トーン、配色(同一・類似など)も確認してみましょう。

時間があるときに、気に入っている写真を使って色彩分析して、

結果をカラーボードに切り貼りしておくと、
のちのち仕事に使える資料にもなるので、便利ですよ♪

199b

色彩検定まであと3週間を切りましたね。

受験するみなさまは、勉強もラストスパートに入る頃でしょうか。

色彩検定を受けようと思い立ったり、
色彩検定が単位になるような分野で学んでいるみなさんですから、
カラーには人並み以上の興味を持っている方が多いでしょう。

色彩検定の内容って、始めてみると、
「きれい!楽しい!この組み合わせ好き!」ばかりじゃないですよね。

記号の暗記だったり、堅苦しい法則だったり、
これ理科だよね?って項目も結構ありますし、
大学で学ぶ色彩学と同等の内容も多く含まれていたりします。

img_2170

多岐にわたる色彩検定の勉強をしているとき、
どの項目の内容を一番おもしろいと感じますか?

 

じつは、一番おもしろいと感じる項目には、
これからどんなカラーの仕事に活かして行けるか、
どんなカラーの仕事に向いているかというヒントが隠れているんです。

 

たとえば、、

色彩調和や視覚効果の項目をおもしろいと感じたのであれば、
色の対比がメインとなる「パーソナルカラー」、

心理効果や色のイメージだったら「カラーセラピー」、

色のイメージと色彩構成だったら「カラーデザイン」や「カラープランニング」

色名や色彩の背景だったら「色彩文化の研究」

などなど。

他にも色々つなげていけると思います。

 

こんな風に、勉強していておもしろいと感じた項目から、今後の方向性を定めることもできるんです。

ほかにも、
ファッションやインテリア、エクステリアといった
具体的なカラープランニングも勉強するので、
業界を定めるヒントにもなるでしょう。

 

合格を目指すときは、合格の先にあるものを描いてみると、
モチベーションが上がって学習もはかどります。

勉強しながら色々思い描いて、
より楽しい気持ちでやっていきましょう♪

img_2130
 
通常、絵を見るときには

「対象として何が描かれているのか」
「対象をどんな風に描いているのか」

ということに注目しがちですが、
 

アートセラピーで描いた絵を見るときは、

絵の線のようす、
画材、
色使い、
モチーフ、
筆圧、
そういったものから伝わってくるエネルギー

なども観ていきます。
 

絵を描いているときの表情や発した言葉、
どんな動きをしていたか、
絵を描いていたときのその人の様子など、

作品が完成するまでに起こっていたすべてのプロセスを
完成した作品と同じくらい大切に観ていきます。
 

作品を作る間の時間やプロセスには、
その人の「今」のエネルギーが現れます。

制作中のエネルギーと、完成したものと、
作品について本人が語ること。

この3つはアートセラピーで作品を観るときに欠かせない、とても重要な要素です。

 
関連ページ:アートセラピーとは?

個別アートカウンセリング随時申込受付中

img_2112

今日、2016年10月16日は満月です。

満月や三日月を想像するとき、
どんな色の月を思い浮かべますか?

青白い月、白い月、黄色い月、オレンジ色の月、 赤い月、、

よーく観察すると、

月の色って、日によって変わるんです。

月の色がその日によって変わるのは、
月が昇った高さや大気中のチリや物質が多さなどによるものと、光の屈折の現象です。

光の屈折は、色彩検定にも出てきますね。

img_2120

通常は、低い位置、つまり地面や水面に近いところにある月は赤みがかって見えます。

青よりの短波の光は、チリやほこりが多く含まれる大気の中を通ることができずに散ってしまうので、
地面や水面に近い位置では赤よりの長波の光がより多く届くためです。

黄色に見えるときは、長波の赤と、中波の緑あたりまでの光が届いているときですね。

逆に、高い位置にある月は、大気から離れれば離れるほど
青よりの短波の光が大気中の物質に邪魔されずに光が届きやすくなるので、
青白く澄んだ月が見えるんです。

img_2103

大気中の物質は季節によって量が変わるのこで、春・夏の方が赤みがかった月やオレンジの月が見えやすくなり、

空気がきれいな冬場の方が、青白く澄んだ月が見えやすいです。

風が強い日のあとも、大気中の物質が減るので月は青白い色に寄るそうです。

この現象は、月だけでなく星でも起こります。

天体と色の関係は科学的に説明できる物理的な現象なのに、
神秘も感じさせてくれて、おもしろいですね。

img_2115

ちなみに、赤い月というと皆既月食がよく知られてますが、皆既月食のときは月の高さに関係なく、

太陽と地球と月の並びの関係で
太陽から照らされてできた地球の影が月にかかり、月が赤く見えます。

次に日本で観測できる皆既月食は2018年1月31日です。

20160411_1625521

よく、
電話をしながら気づいたら手元でなにか描いてたとか、
勉強中にノートの端が落書きだらけになってた・・
なんてことはありませんか?

その 線 の動きが「まる」とか「ぐるぐる」だったとしたら、
もしかしたら、
それを描いていたときに無意識が働いて、

なにか考えをまとめようとしていたり、
心を落ち着かせようとしていたのかもしれません。

20160411_1626818

「まる」の繰り返しとか、「ぐるぐる」の描画ストロークは、
心を整えたり、考えや思いをまとめたり、落ち着かせたりすることを
助けてくれるんです。


は、絵画の要素では「形をつくる」役割をします。

考えをまとめなければいけないときや気持ちを落ち着かせたいときに、
で「ぐるぐる」してみると、意外な効果があるかもしれません。

20160403_1615456

 
関連ページ:アートセラピーとは?

個別アートカウンセリング随時申込受付中

img_colorcrayon

数年前に、ボトル10色のセンセーションカラーセラピーをやっていたときのことです。

お客様と60分お話しているうちに、

「このお客様はちょっとした違いによく気がつくし、色に対するこだわりが強い人」

であることがわかってきました。
同時に、

「このお客様は、10色ではもの足りないんじゃないかな?」

という思いも湧いてきました。

そこで、カラーバリエーションが豊富なオーラソーマを紹介してみたところ、とても興味を示されて

「次回はオーラソーマを受けてみたい」という話になりました。

img_2078センセーションカラーセラピーの10色のボトル

 

カラーセラピーをやっていると、選ぶ色の数についてお客様から意見が出ることがけっこうあります。

よくあるのは、

「もう少し淡い色だったら青を選んだ」
「気持ちはみどりだったんだけど、このみどりだと薄すぎる」
「このピンクは何かちがうんです・・」

などなど、色みやトーンに関するもの。

 

ほかにも、
昔、資格を取ったばかりの頃に高齢者のデイケアセンターで
個別のカラーセラピーをボランティアでさせて頂いていたのですが、

そのときは、使っていた24色の色鉛筆を見て、

「こんなにあったら選べないねぇ。。」

と言われることが、とても多かったのです。

(その経験から、私の法則では、お年寄りへのカラーセラピーのベストな色数は8~12色です)

あとは、
日ごろから細かいことは気にしない人、めんどくさがりな人、

生活の中のデザインやアートになじみがない人、

デザインやアートがそんなに大事な要素でないような人なども、

あまり色数が多くない方がやりやすいと感じて頂けるように思います。

 

カラーセラピーをするときは、

「この人に最適な色数はどれくらいか、いくつの色を使うか」

という視点をちょっと持ってみると、
よりその人に沿ったカラーセラピーになると思います。

 
関連ページ:カラーセラピーとは?
関連ページ:カラーセラピーってどういうときに受けるの?

 

カラーセラピー随時受付中

いまは大人の塗り絵がブームになってますが、
ちょっと前に、こんな記事を見つけました。

otonanonurie
 
「大人の塗り絵でリラックス?30分集中、ストレス解消」

塗り絵をしているときの血流と心拍数を測って、
ストレス度とリラックス度の変化を調べた実験記事です。

かんたんな図柄よりも複雑な図柄の方が
作業に没頭できるのでリラックス効果が高く、

一番リラックス効果があがるのは作業開始から30分まで

とか。

45分を過ぎると逆にストレス度があがってきてしまうそうです。

自分で作品を作ったり絵を描いたりするアートセラピーでも、
制作時間は20~40分くらいに収めることが多いです。

 
関連ページ:アートセラピーとは?

個別アートカウンセリング随時申込受付中

img_0801

このところ、お花屋さんでも見かけるようになったレインボーフラワー。

オランダから輸入されたレインボーローズがさきがけだったけど、いまは色んなお花がレインボーカラーに。

 

img_gabera

レインボーガーベラ

 

img_0764

レインボーダリア

 

img_2047

レインボーチューリップ

 

img_2046

レインボーカーネーション

 

img_2057

レインボー菊

 

自分でレインボーフラワーを作れるキットなんかもあるんですね。

花びらが多いお花じゃないときれいな虹色にならなそうだけど、挑戦しがいはあるかも・・!?

img_2028
ちょっとストレスが溜まってるなーと思ったときや、
すこし心がもやっとするとき、

好きな色をただ丸く塗って描くだけで、少しリフレッシュできてしまうんです。

そのときの気分で何色か使って、
きれいだなーと思える色ならびにするのがポイントです。

ちょっと気分転換したいときに、おためしあれ。

 
関連ページ:アートセラピーとは?

個別アートカウンセリング随時申込受付中

 

img_2030

たまにお取り寄せしている、

レインボーカラーのようかん

です。

上から、

紫芋 紫

抹茶 緑

枝豆 緑

コーン 黄色

かぼちゃ 黄色

にんじん オレンジ

トマト 赤
の7種類の野菜のあんこでできています。

食べると一層一層、それぞれの野菜の味がわかるのに
7色を一度に食べてもおいしいんです。

優しい甘みで和菓子っぽさもあまりないので
和菓子が苦手な人も、お子さんも食べられると思います。

rainbow-youkan
長崎の創作和菓子屋さん 愛collection

にて、お取り寄せもできます。