コンテンツへスキップ

image1.JPG
花の色、空の色、街路樹の色、
道行く車の色、通りすがる人の服の色、

毎日色んな色と遭遇するなかで
なんとなく目に留まって印象に残る色は
心の状態とリンクしている。
心の状態で気になる色が変わる。

気になった色が
花の色だったり草木の色だったり
鉱物や昆虫の色だったり
自然界のものだった場合は
その生き物が持っている特徴や性質に
心の状態がリンクすることもある。

色が気になった対象がなんであれ
心が色を呼ぶことが
カラーセラピーの原点。
 

 

カラーリスト、カラーセラピスト、カラーコーディネーター

最近、色を仕事にしている人の
基礎体力作りとしてのルーティンってなんだろー?
って考えてます。

カラーリストやカラーセラピストに
スキルの基礎体力をつけるための
ルーティントレーニングがあるとしたら。

カラーリストは色を見る目が大事なので
カラーカードやドレープのワークを毎日やるとか

カラーセラピーだったら
色の意味を覚えるとか
セルフリーディングとかになるのかなぁ。

もし「こういうトレーニングやってます!」
っていうのがあったら教えてくださいクローバー
 

色彩学とアートセラピー*なないろラボ *
 にほんブログ村 健康ブログ アートセラピーへ