コンテンツへスキップ

今日は風が冷たかったですねー。
冬や初春の冷たい風がとっても苦手なので、今日はつらかったです。。

ところで、
「温かい色」って言ったら、何色の感じがしますか?

寒くて寒くて仕方がないとき、目の前に、
青や緑でコーディネートされたカバーがかかっているコタツと、
赤や黄色でコーディネートされたカバーがかかっているコタツがあったとしたら、
どっちに入りたくなると思いますか?
わたしは間違いなく赤系のコタツに入ります。

「寒色系よりも暖色系の方が、心理的に2~4度ほど暖かく感じる」という実験結果もあるように、
青や紫よりも、赤やオレンジ・黄色などの方がより暖かさを感じるし、
黒よりも茶色(茶色は、黒+赤・黄でできる色です)の方が、温度を感じます。
雪のような青白い白よりも、ほんのちょっと黄みや赤みがあるオフホワイトの方が、暖かさを感じます。

さらに、単色よりも色数があるほうが、ぬくもり感が出るので、
オフホワイトやベージュ、茶色なども取り入れると、
より「あったかい」イメージの配色になります。





こんな風に、ちょっと色の心への影響(心理効果)を意識するだけで、
寒さ対策をレベルアップできるんですよ☆

ちなみに、食べ物では、
赤味肉の代表の牛肉、加熱すると赤くなるえびなどは、身体を暖めてくれます。
かぼちゃ、にんじん、たまねぎ、さつまいも、りんごなどもおすすめ。
とうがらし、しょうが、にんにくも、温め代表の食材です。

逆に、暖色系の色でも、トマトやいちご、みかんなど果実系の食材は
身体を冷やすので、寒さを感じているときは、要注意です。
(みかんは、「焼きみかん」にすると、皮から身体を温める成分が出るとか・・)

ハーブティーでは、身体をあたためるほかに、
ビタミンCとクエン酸たっぷりのハイビスカスティー(赤)や、
血液の循環をうながしてデトックス効果があるエルダーフラワー(橙)、
緊張をほどいてくれる効果もあるカモミールティー(黄)
などがおすすめです。
なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー

あっという間に読めてしまうけれど、
それほど珍しい言葉がならんでいるわけではないけれど、
とっても大事なことが心に残ります。
映画も、原作の空気感に忠実でした。


新潮文庫と、小学館から出ています。
(おすすめは新潮文庫です。 主人公・まい のその後の短編が読めます♪ )

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー

今度はパープルのボトルが変色しました。
(センセーションのパープルは、センセーション独特の呼び名で、
一般的にはロイヤルブルーやインディゴの色味になります。)

変色後の色は、またまた深いグリーン。
左後ろにあるこの間、ヴァイオレット→グリーンに変わったボトルに比べると、
ちょっと青みがかっているかな。
パープルはヴァイオレットよりも青の要素が多いからでしょうか。
(青と赤で構成されたボトルが同じように変色するいうことは、室内環境が原因??)


パープルは、前回ヴァイオレットが変色した時点では、
なんともなかったのになぁ。。

またオーラソーマの理論になってしまいますが、
ボトルの変色って、基本的に、
波動(バイブレーション)のエネルギーの影響を受けて起こるんですよね。
ボトルをなるべく直射日光にさらさないようにっていうのも、
太陽光の電磁波に影響されるからなんです。

人間からもバイブレーションは出ていて、
分かりやすい物質で言えば熱(体温)とか水分とかもそうだし、
電磁波に影響されるエネルギーフィールドもそうです。

音や香りを含め空間には必ず何かしらの振動が起こっていてエネルギーが発生しているので、
そこにあるだけでボトルはなにかしらの影響を受けているんですよね。

オーラソーマ社では、その色々な波動の影響を受けて表面色が変わっても
本質となる色のエネルギーには影響しないように作っているので、
ボトルが変色や褪色をしても、もとの色の意味でコンサルするのです。

センセーションにはそういうインフォメーションはないんですが、
見た目がここまでハッキリとグリーンだと、
「もともとはヴァイオレットだったので、これはヴァイオレットなんですよ。」
って言っても、説得力ないんですよねー・・・。

う~ん、こまった。

実は、ローズもこれまでの2本と似たような変色しそうな兆しをみせているので、
来週また、変わってたら・・・と思うと、ちょっと心配です。。。

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー

さっき、今日の仕事先のテナントビルにある自動販売機で、
飲みたいのを買おうとしたら小銭が足りず、
でも手持ちのお札はその自販機では使えず、
しかたなく、小銭の範囲内で買える小さい紙パックのコーヒーを買いました。

で、今、飲んでいるのですが。

初めて買ったはずなのに、すっごくなつかしい味がするんです。。

初めて買ったのに・・・。でもこれ絶対飲んだことある・・・。
なんだっけ?なんだっけこれ?
と、味わいながら無になること数分。

・・・思い出した!

パッケージが変わってたから気づかなかったけど、
この紙パック90円のコーヒー、
高校のときに、体育館の脇にあった自販機で、
いつも買ってたアレだ!

・・・と、思い出したとたん、
その自販機に飲み物を買いに行ってた休み時間の風景とか、
体育後とか運動部の人たちの風景とか、
時間によっては誰も人がいなくてしーんとしてる場所だとか、
当時からの友達と会っても普段は思い出しもしないような記憶が、
ぶわ~~~~っ!と、一気によみがえってきました。

同時に、
「私、こんなささいな風景とか出来事まで、覚えてたんだー!」
という驚きも。

味覚の記憶って、すごいなぁ。。

色の記憶とか音の記憶とか香りの記憶とかは普段も感じやすいけど、
味覚で、忘れきっていた記憶がこんなにも鮮明によみがえる体験をしたのは、初めてです。

ちょっと感動しました。

五感を使って体験したことは、普段は思い出さなくても、
潜在意識という引き出しの中に、しっかりしまってあるんだなーと、
再確認した出来事でした。

ちなみに、そのコーヒー飲料はコレです。→
森永乳業のキリマンジャロ。
当時のパッケージはふつーに四角くて、
黄色かった・・・ような気がします。
キリマンジャロとか飲んでる高校生、なんか渋いなー。
中味はすっごく甘ったるくておいしいんですけどね。

でも、当時ホントに1番飲んでたのは、
しつこいくらいに「午後の紅茶」だったなぁ、なんてことも、思い出しました。

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー