コンテンツへスキップ

定期的にランチデートする友達・Sちゃんお気に入りの 「星のなる木」が、
Sちゃん宅の近くにも今月オープンしたそうで、一緒に行ってみました。

「星のなる木」は懐石料理がベースのお店で、
私は初めてだったのですが、ちょっとおもしろいメニューを見つけました。
「花鳥風月」というお重ランチのコースです。
このコース、前菜で、中国五行の「五味五感五法」を用いたお料理が食べれるんです。

五行は「万物は木・火・土・金・水の5元素から成る」という考えのことです。
五味は、「甘い、辛い、塩辛い(鹹)、苦い、酸っぱい」の五つの味で、
すべての味をバランスよく摂ると、五臓の機能が高まるという考えがあります。
料理においての五感は 「色合い、音、香り、温度、味」、
料理においての五法は 「生食、焼く、煮る、揚げる、蒸す」です。
五行には「五色」もあり、「青(緑)・赤・黄・白・黒」がその5色です。
メニューには五色は入ってないですが、お料理全体の彩りは、五色も揃っていました。

どの五味がどのお料理かの説明書きを見ながら食べれるので、楽しかったです。
(味わえばわかることではありますが。)
肝心のお料理としての味も、おいしくて満足でした。
お重コースだと別注文になりますが、デザートもおすすめです。

お店の空間も、「天空の庭 星のなる木」となっている通り、
展望台さながらの景色(空)が広がる空間が少人数のスペースで区切られていて、
個室じゃなくてもプライベート感があふれていたので、とってもくつろげました。

これまで、日本料理で五味五法を取り入れたメニューを食べれるお店は
「みちば」しか知らなかったので(久しく行ってないですが・・・)、
新しいお店を知って、ちょっと嬉しい気持ちです。

天空の庭 星のなる木
星のなる木
みちば




なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
09年7月に新ブログに移転しました。
Happy
Color.Labo

106番、使い終わりました。

オーラソーマのボトルを使うときは、色やボトルの意味とともに
自分の心の内側を観る作業をするのですが、
106番は、ひなたにいる感じというか、すごく「光」に包まれる感じというか、
自分が「良くない」と思っている事柄を「良くない」と思わなくなる明るさというか、
そんな変化を感じました。

「光の中」で、自分がネガティブポイントだと思っていることを冷静に、
ネガティブだと思わずに別の視点から見れる感じ。
何も変化がない環境で、「俯瞰」で観ることを知る感じ。
これが、ボトルの説明にある「錬金術」なのかもしれないなーと思いました。

そしてこれで、オーラソーマのボトルを全部使ったわけですが・・・
達成感のようなものが、意外にもまったくありません。
ちょっとは「やった~」とか思うのかなと思ってたんですが。
セラピーは「完成」とか「達成」とか「ゴール」があるものじゃないので、ある意味当たり前なのかもしれませんが。

それでも、色の意味やボトルの理解は深まりました。

オーラソーマでは2番目に選んだものがセラピーボトルになるけど、
その条件にあてはまらなくても、興味を持ったボトルがあったら
どんどん使ってみてほしいです。

ボトルは悩みをすぐに解決するような魔法の道具ではないけど、
その悩みや問題に真剣に向き合っているなら、
なにかしら助けになることや導きになることが必ず得られるはず、なので。

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
09年7月に新ブログに移転しました。
Happy
Color.Labo

106番:大天使ラツィエル(ミスティペールオリーブ/ミスティライラック)

<主なテーマ>
・価値がないと思っている自分の資質を価値あるものに変容する
・条件付けから自由になる
・過去に味わった苦い思いを甘さに変容する
・前に出るべき時に隠れてしまう状況を助け、力づける

今、使っているボトルです。残りの7本のうちの、ラスト1です。

とうとう最後の1本になりました。
このボトルが使い終わるときには、現在107本あるオーラソーマシステムのボトルを
すべて使ったことになります。
(オーラソーマのボトルには0番があるので、106番は107本目のボトルになります。)

このボトルはおととし誕生した、オーラソーマシステムの中で一番新しい、
「今」のボトルです。
ちょうど去年の今頃、日本に到着して、対面したボトルです。

このボトルはまだ誕生したばかりで、情報がとても少ないので、
自分で使って感じたことは、貴重な資料になります。

たまに、「なぜこの色の意味がこうなのか?」と聞かれることがあるのですが、
( ↑ この質問をするのは決まって男性です。)
「色の意味」は、実は、統計で決められた部分が大きいです。
自然界での色の在り方やその色を持った植物の役割などももちろん重要な要素ですが、
「好きな色、嫌いな色に表れる性格の傾向」とかも含め、色の意味は
過去の研究者が多くの時間をかけて地道に調べた、統計結果だったりもするのです。

オーラソーマのボトルも色の意味と同様に、
ボトルを使った人の体験がボトルの意味に加えられることも多く、
実際、私がオーラソーマに関わりはじめてから今日までの6年のうちに、
色の意味や位置づけなど、システムが変わったことがいくつもあります。
この106番ボトルも、これからどんどん色んな意味が見えてくるのでしょう。

このボトルの使い心地は、とてもさっぱりしています。
ヴァイオレットのボトルはすべて、他のボトルに比べてさっぱりした使用感なのですが、
106番は一段とさっぱり、さらっとしていて使いやすいです。

このボトルについては、情報をシェアするため後日追記します。

106番の追記

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
09年7月に新ブログに移転しました。Happy
Color.Labo

五感のイメージ連鎖を体験したことはありますか?

色を見て香りや音や触感や味を感じたり、
音を聞いて色や香りや触感や味を感じたり、
香りを嗅いで色や音や触感や味を感じたり、
触れたものから色や香りや音や味を感じたり、
味わったものから色や音を感じる、

というような、五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)のイメージ連鎖のことです。
上に挙げた五感から五感へのイメージ連鎖以外にも、
形や線や言葉から、五感のイメージが湧くこともあります。

画家のカンディンスキーは、音から得た色の感覚を絵にしたことで有名です。
ワインの味を豊かに表現をする人も、五感のイメージ連鎖が豊かな方と言えるでしょう。

ちょっと想像してみてください。

イエローを音で表すとしたら、どんな音だと思いますか?
どんな香りで、どんな触感だと思いますか?

お母さんのだっこを、色や香りや音でイメージするとどんな感じですか?

聞こえてきた音楽を、色や香りや触感でイメージするとどんな感じですか?

街ですれ違った良い香りを、色や音や触感でイメージするとどんな感じですか?

イメージはその人の感性なので、正解・不正解はありません。

「そんなイメージ、感じない」という人でも、
小さい頃ならそういうのを想像したり感じてた気がする、という人は結構います。

私の一番古いイメージ連鎖の記憶は、
昔やってたバイオリンの、4本の開放弦の音(0の音)と色のイメージです。

一番低い音の4弦(G線・ソ)はこげ茶色、チョコの色。
3弦(D線・レ)は深緑か紺っぽい青、
2弦(A線・ラ)はオレンジか赤。
一番高い音の1弦(E線・ミ)は光のような黄色か金色。

こんな感じで、いつも音を色でイメージしてました。
今も音楽を聴くと、色のイメージが浮かんで来ることが多いです。
香りを嗅いだときも、色のイメージが湧いたりします。

「見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れる」の5つの感覚のうち、
どの感覚が優位かは、人によって違います。
そして、どの感覚を使うかのパターンは、わりと普段の行動に現れます。
イメージ連鎖をよく感じる人であれば、どの感覚でイメージが湧くかにも現れます。

カラーセラピーのボトルを例に挙げると、ボトルに対面したとき、
ボトルを見るだけの人、手に取る人、香りを嗅ごうとする人など、色々です。
視覚が優先する人、触覚が優先する人、嗅覚が優先する人、それぞれ行動が違うんですね。

他にも、カラーボトルを使うとか見ることにはあまり興味を示さないのに、
ポマンダー(香りのエッセンス)の説明をするとがぜん目が輝いたりする人もいるので、
五感の優先傾向はおもしろいです。

五感のイメージ連鎖は、意識的にやることもできるので、
最近あまり感性を磨くようなことをやってないなと思うときは、
身近なものと五感を使って、イメージを膨らませてみてください。
感性を磨くだけでなく、脳トレにもなりますよ。





なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
09年7月に新ブログに移転しました。
Happy
Color.Labo

雨、やっとやみましたね。
今日は、濡れた道路や駅の構内で転んでる人に、
何人も遭遇しました。

最近は傘の出番が多いお天気ですが、
傘の色を見るのは、雨の日ならではの、ちょっとした楽しみです。
傘の色と色が重なったり並んだりしたときに、
たまに、絶妙な美しい配色になることがあるんですよね。
そういうときは、ずーっと目で追っちゃいます。

傘って、毎日使うものじゃない分、わりとはっきりと、
色の好みが出るアイテムなんです。
(女性限定の要素が大きいですが。)
ビニール傘ばかり買っちゃうという人も含まれます。
手持ちの傘を並べてみたら、自分の意外な傾向がわかるかもしれません。

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー

90番:ウィズダムレスキュー(ゴールド/ディープマゼンタ)
<主なテーマ>
・自分の能力を思う存分発揮する
・新しい枠組みへの移行(タイムシフト)
・自己批判をやわらげる
・混乱や深い恐れから立ち直る
・学んだことや知っていることなど、情報を統合する

今、使っているボトルです。残りの7本のうちの、ラスト2です。

オーラソーマでは、一般的なオレンジ色は「ゴールド」になります。

ここのところ勢いづいて、ちょっとハイペースでボトルを詰め込んでしまってたり、
色々セラピーを受けてみて感じたこともたくさんあって、
自分の意見や見解や方向性がまだまとまらず、すっきりしないのです。
情報過多ですね。
でも、いつものように思考でまとめようとしないで、
今回は自然に形になってくるのを待つスタンスです。

このボトルをシェイクすると、他のどのディープマゼンタのボトルよりも黒くなります。
ディープマゼンタは物理的には紫みを帯びた色でもあるので、
反対色に近いゴールドと混ざって、黒く見えるのでしょう。
シェイクした後上下に戻っていく様子は、夜明けのようなイメージがします。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
09年7月に新ブログに移転しました。

Happy
Color.Labo