コンテンツへスキップ

79番:オーストリッチ(オレンジ/ヴァイオレット) のボトルを使い終わりました。
25ml で2週間弱は、結構時間がかかったほうでした。

オーラソーマのオレンジは、色そのものの「おいしそうな感じ」、
感情、満足、至福などの、「生きてる喜びを味わう」色でもあります。
オレンジは、その感覚を「戻す」色です。
人は、ものすごくショックな体験をすると、
喜びや満足を感じる心を自ら閉ざしてしまうのです。

ヴァイオレットも、代表的なヒーリングや癒しの色であり、
不必要となったもの(過去の悲しみや痛みなど)を手放していくことや、
浄化されていくプロセスを助けます。

このボトルを使っている間は、小学校とか中学校の頃やってたことを
思い出す機会がよくありました。

おととい仕事で一緒になる臨床心理士さんと話していたときに、たまたま
「小中学校の時期は、自分のコアになるものがある時期だから、~ 」
という会話が出て、なんとなくそれが、オレンジの「戻る」と繋がる気がしました。
(番を選ぶ人が必ずしも小中学生時代に癒しポイントがあるということではありません。)

他には、オーラソーマのオレンジ(朱色)には「ショック」という意味があり、
その「ショック」は、過去世(前世)とかに刻まれた体験も含まれるということなので、
そっちの方面に詳しい方は、79番のボトルの生かし方が広がるかもしれません。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

雪、降ってますねー。

私にとっては今日が初雪です。

前に初雪が降ったとニュースになったときは、
残念ながら私の生活範囲では降っていなかったので。。

まあ今日も、今日の仕事先の銀座についたら、すでに雨でしたが。

今年は一度も雪を見ずに過ごすのかと思ってたから、
今年も雪を見れてよかった♪


なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
09年7月に新ブログに移転しました。

Happy
Color.Labo


79番:オーストリッチボトル(オレンジ/ヴァイオレット)
<主なテーマ>
・深いショックや傷から精神的に立ち直っていく
・危機から逃げるのではなく、直面する必要がある
・見たくないことや、感じたくないと思っている感情と向き合う
・自立の可能性と、もっと自分を愛せるようになる
・自分が得たものを人と分かち合い共存する

今、使っているボトルです。残りの7本のうちの、ラスト3です。

オーラソーマのオレンジは一般的なオレンジよりも赤みが強く、
色鉛筆で同じ色を塗るなら朱色です。
主に、過去のショックな体験や依存や自立の課題を暗示する色です。

ボトルの名前の“オーストリッチ”は、そのまま、動物のダチョウを意味しています。
ダチョウは小心者な動物で、敵から逃げて隠れるとき、
おしりが見えていても、頭さえ隠せば安心してしまうそうです。
一時的に敵が見えなくなれば、危機から逃れられたと思ってしまうんですね。
(そして餌食になる。)
このボトルは、選んだ人にそういう部分があることを教えてくれます。

残りの7本 のボトルはもともとあまり選ばないグループのボトル達だけど、
79番はその中でも、一番選ぶことがないボトルです。
オレンジはブルーの反対色でもあるのですが、
これの前に使っていたブルーのボトル(37番)の減り方とは対照的で、
使い始めて4日経ったのに、まだこれだけしか減っていません。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*


37番:地上に降りた守護天使(ヴァイオレット/ブルー)
 <主なテーマ>
 ・必要以上に重要に感じすぎている困難や責任を手放す
 ・役目を果たす
 ・平和を育み、守っていく
 ・自分自身を信頼し、自信という感覚を得る
 ・バランスをもたらすために、コミュニケーションする

今、使っているボトルです。残りの7本のうちの、ラスト4です。

このボトルは、「地上に降りた守護天使」という名前を持ちます。

「守護天使」は44番:ペールヴァイオレット/ペールブルーです。

この名前からもわかる通り、オーラソーマでは、
濃い色は地に近く、淡い色は天に近いという見かたもします。
濃いボトルを選ぶ人は、地に足がついている人、
淡いボトルを選ぶ人は、志が高い人、と言えるのです。
逆に言うと、
濃いボトルばかりを選ぶ人は、現実的すぎてフットワークが重くなっている状態、
淡いボトルばかりを選ぶ人は、地に足がついていない状態ともいえます。

37番の「地上に降りた守護天使」は、人を天使に見立てたネーミングでもあり、
「天から授かってきたもの(生まれもった使命)を地上で果たす」という側面と、
「(翼を持つ天使にとって地上は)生きづらい」という側面があります。
自分の役割がわからなくて苦しい、という人がよく選ぶ傾向もあります。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
09年7月に新ブログに移転しました。Happy
Color.Labo


103番:大天使ハニエル(ペールオパレッセントブルー/ディープマゼンタ)
 <主なテーマ>
 ・友情・愛・パートナーシップなど、周囲との関係に調和をもたらす
 ・以前、実りがなかったものを実り豊かなものにする
 ・人生の空洞部分に気づき、それを内側から満たす。
 ・心に眠っている真実を探し、自分がしたいことをスムーズに表現する
 ・ネガティブな感情をポジティブなものに変え、持続させる

今、使っているボトルです。残りの7本のうちの、ラスト5です。

この103番、使い始めてから、毎晩意味深な夢をみます。
夢は普段から毎日のようにみてるけど、103番を使い始めてからの夢は
昔はつきあいがあったけど今は噂も聞かないっていう人ばかり出てきて、
目が覚めてから、「・・なんなんだこの夢は・・」って頭に手を当てちゃう感じの内容です。

あと、このボトルを使ってると、グリーンポマンダーを使いたくなるんです。
なんでかなぁ。。。。
と思ってたけど、今、これを書きながら気づきました。

103番はブルーのボトルなのに、「調和」とか「真実」とか「感情」とか、
グリーンを思わせるキーワードが多いのです。

←103番をシェイクした様子。
実物はもっと気持ち悪いです。
あまりの気持ち悪さに、思わず撮ってしまいました。
なんとなく、「魔界」なイメージ。。。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*