コンテンツへスキップ

「55番:キリスト(クリアー/レッド)」を使うことにしました。

このボトルのテーマは、「自己犠牲」。

この場合の「犠牲」は、「献身」という意味合いが強いです。
世の中には、いい意味で、「他」のために自分を犠牲にすることが必要な場合もあるのです。

たとえば、セラピスト、看護師さん、介護や福祉の仕事をする人にとっては
この意識は大事です。(もっと深く考えれば、もっといると思います。)

このボトルは、シェイクすると、クリアー+レッド で ピンク になるんですよ。(理論では。)
ピンク が象徴するものとして、
「無条件の愛」という、「母親の愛」があります。

多かれ少なかれ、「お母さん」は「犠牲」がともなう存在です。
おなかに子どもを宿す時点で、自分のスペースを子供に捧げていますし、
産むときに痛みや傷を経験します。
でも、そこで、
「自分が犠牲になっていると思った」と言うお母さんには、めったに会いません。

「無条件の愛」の中にある「犠牲」。
犠牲を犠牲と思わない精神のもとに、「無条件の愛」はあるのかもしれません。

ちなみに、今日飲んでるジュースも「キリスト」。笑


55番のその他のキーワード:
献身、自分の人生に対する責任、現実性、過去からの不満・怒り、
理想を探求するエネルギー、物質的・肉体的な問題の解決

※ボトルの名前の「キリスト」は、あのイエス・キリストのことです。
キリスト教の教えというよりは、キリストの生きる姿勢の意味合いが強いです。
(オーラソーマはいかなる宗教にも属さず関連もありません。)

*使用後の追加レポート*
レッド系のボトルは、「エネルギーを与えるため眠れなくなるので、夜の使用は避ける」
というのが通説ですが、55番は本当に、眠れなくなります!
他のレッドが入ったボトルは、6番(上下レッド)でも普通に眠れたのですが、
55番だけは、本当に眠れませんでした。これから使う方はご注意下さい

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

オーラソーマのボトルは、ボトルから強いメッセージがあったり、シンクロ率が高まったり、
そのボトルのエネルギーが必要な人が現れたりすると、突然割れることがあります。
と、話にはよく聞いてたのですが、先日とうとう実体験しました。

仕事先のボトルが、気づいたら音もなく割れていたんです。
発見したときは、本当に自然に割れることあるんだ…としばし感動。

お客さんが帰った数時間あとだったので割れた理由がその人なのか自分なのか判らないですが、
初めて自分の生活半径内で割れたので、いま同じボトルを使っています。

割れたのは75番:マゼンタ/ターコイズ(流れに乗っていけ)。
このボトルを使うのは2度目です。
蓄積したエネルギーの解放、正しい場所や道に戻る、霊的な繋がりがある存在とのテーマ、流れに乗る、などがテーマです。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座