コンテンツへスキップ

21日にオープンしたテオブロマ神楽坂店に本日寄ってみました。

ジェラートが売りの神楽坂店ということで、カフェで食べてみました。
ベースとトップ(?)それぞれ9種類のジェラートから選ぶのですが、
どの組み合わせがおいしいかと味を想像するのが楽しいです。
万人に好まれると思われるくせのない味でおいしかったです。ややこってりめかな?

でも、チョコ好きとしては、テオブロマはやっぱりショコラ。

2007092500.jpg



随分前、映画「ショコラ」が公開されていたときに頂いて食べて以来、
変わり種でお気に入りなのは、唐辛子入りの「アステカ」です。(下段真ん中)
「アステカ」はチョコなのに辛いんです。甘さと辛さが口の中で別なんです。
ちょっとびっくりするくらいちゃんと辛いので、なにかのゲームにも使えるかも…って、
今日も思いました。

お店の入り口もかわいかったです。ちょっと、日本じゃないみたいな風景。
(赤い階段は、神楽坂を代表するフレンチレストラン、
ラ・トゥーエルの入り口です ♪ ここもおすすめです ♪)

2007092501.jpg

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

電車で見た広告がやたら目に留まってしまい、ついつい買ってしまいました。

「即攻元気」。

2007092101.jpg


これ、すごいネーミングじゃないですか?わかりやすすぎる。
デザイン的にはけして目新しくはないんだけど。
「これが気になるって、わたし疲れてるのかな~?」なんて思いは置いといて、

この広告、商品名のイメージどおりのオレンジとイエローを
黒がすご~くうまく、引きたてていると思ったのです。

黒はメンタルヘルスの視点からは通常あまりおすすめしない色だけど、これに関しては、
オレンジ系が持つ「栄養」とか「元気」のイメージを、
黒が持つ「シャープさ」「ハードさ」「機能的なイメージ」でより強調していて、
商品名どおり、「即効性あります!即 栄養補給します!」な感じが
とてもわかりやすくデザインされているのです。

そしてさらに、クエン酸とアミノ酸がたくさん入ってることを売りにしているんですが、
見てすぐに、女性の美容がターゲットじゃなくて、やや男性よりで、お仕事でおつかれの人が
ターゲットであることが感じ取れてしまいます。

実際の商品は、広告の印象よりオレンジの面積がやや少なくシルバー基調なので
それほどインパクトないんだけど、それでもここに商品を買ってしまった私がいるのですから、
色彩計画効果、十分ありです。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*(旧CHERISH)
カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

... "色彩効果で買った物" を続けて読む

ブログタイトルを、

「好きなものと生きよう」 から

「色の薬箱」 に変更しました。

エキサイトブログ以外でリンクをして頂いている方は、ブログタイトルを変更して下さいませ。

よろしくお願いいたします♪

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

次に使うのはまたレッド系のボトルかな~なんて、ばくぜんと思っていましたが、
山中湖から帰ってきてみたらなぜか、このボトルの下層のピンクがすこし薄くなっていたので、
これを使うことにしました。 私がいない間に何があったんだろう・・・。 謎。

59番:レディポルシャ(ペールイエロー/ペールピンク)

上層のペールイエローが示すのは「分析・判断・知識」、
下層のペールピンクが示すのは「自己愛」です。
この組み合わせは、ポジティブなら「理解」、
ネガティブなら「非難」という形で表現されます。
オーラソーマ全体でよく選ばれるボトルのうちの1本です。
私も初期の頃、これのクイントエッセンスを良く使いました。

このボトルは、「自分にも他人にも厳しい」という傾向の人がよく選びます。
「裁く」というのは、ある基準をもとに良い/悪い、正しい/正しくない、を位置づけることです。
何かにつけ無意識に「裁いている」人は、「こうあるべき」という「自分の法律」を無意識に持ち、
知らず知らずのうちに、それにあてはまらない自分や他人に厳しくなっていることが多いです。
このボトルの最大のテーマは、そのことに気づいて、自分や他人への判断・非難をやめること。
そして、ありのままの自分を優しい視点で見て、愛すること。

ボトルの名前は、シェイクスピアの「ベニスの商人」に出てくる女性・ポーシャからきています。
ポーシャは優しくて頭が良い女性で、裁判で命を取られる寸前になっている男を、見事な弁論で救います(慈悲の演説)。決め手となる演説は結構すごい理屈を言っているのですが、愛をもってそれを行うというところに、このボトルに通じる意味があります。
オーラソーマではこのボトルについて語るときに、その場面を受けて「裁くなかれ。自分が裁かれないために」という言葉で表現します。

59番のその他のキーワード : 共感する、慈悲、深い愛と知恵、恐怖、新しい理解、自己認識

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座