コンテンツへスキップ

2007042301.jpg

水族館で見たペンギンにずっとラブです。

かわいい♪

動いてる姿が、かなりツボです。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

今日、脳の活性化と塗り絵についてのニュースを見かけました。
「色鉛筆」「塗り絵」という言葉を見ると、どうしても目が行ってしまいます。

ここ近年、「大人の塗り絵」が大人気だということは、知っていました。が、
なんと、いま発売されているそういう塗り絵は、何百種類とあるのだそうです。びっくり!

確かに本屋さんにいくと、DVD付きの親切な大人の塗り絵をたくさん見かけます。
「塗り絵の塗り方を教えるDVD・・!?」と、最初はけっこう驚きだったのですが、
これってよく考えると、そういうものを見る必要があるくらい、絵に馴染みのなかった人達が、
「描くこと」や「塗ること」にハマっている、大注目しているってことなんですよね。

そう考えると、色や絵画に親しむことは心の健康にとても良いことなので、
こういうツールをどんどん楽しんでほしいなぁ~と思います。

「楽しいなぁ」って感じるだけでストレス解消効果やリラックス効果があるし、
「きれいに塗れたなぁ」っていうときは、自己価値が高まったりやる気が増したりするので、
やはり塗り絵は一番手軽にセルフケアできるカラーセラピー/アートセラピーかもしれません。

私が色彩を学び始めた頃は、塗り絵でカラーセラピーという発想は末永蒼生さんの
著書だけでしたが、今はセラピー目的の塗り絵も色々出ています。
↓ちょっと、やってみたい。
2007041701.jpg2007041702.jpg2007041703.jpg




なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

前売りを買っていたのに、ロングランしそうだから大丈夫と思って2ヶ月・・・。
先週やっと、「さくらん」を観てきました。

「さくらん」は、安野モヨコさん好きの友達が
おもしろいからと原作の単行本を貸してくれて、
けっこう前ですが読んだことがありました。

小説でも漫画でも原作を読んだものは映画化・ドラマ化されても基本的に見ないのですが、
今回は蜷川実花さんの映像を見たくて行ってみました。

映画が始まってすぐの金魚や桜が、さっそく蜷川ワールドというか、いつもの蜷川さんの写真。
「蜷川実花の写真が、動いてる~・・!」と、少し感動。。
色彩づかいが印象的な写真家という印象がありましたが、映画になるとまた圧巻です。

2007041601.jpg

一番印象的だったのは、「さくらん」というストーリーを象徴し
引き立てているかのような、この映画における「赤」でした。

人々の欲望、情熱、熱気、狂気、怒り、嫉妬、生・・・
この映画における「赤」は、この映画のストーリーを象徴するものになっているなぁ・・と感じました。

夜の暗闇にぼうっ・・と揺れる、ちょうちんの赤・・
女郎達が着ている着物の赤・・
至るところに散りばめられた装飾の赤・・

空の水色と金魚の赤のコントラスも印象に残りました。
赤と青の対比。
金魚の「レッド」は生きる場所にいる・存在している自分、
空の「ブルー」は自由や憧れを象徴しているように見えました。
(もしくは、桜が咲いたらここを出る・・というビジョンを描くブルー。)

映像目当てで行ったものあると思いますが、見終わったあとに、こんなに強く色彩の印象が
残る映画(写真)は、なかなかありません。。観にいってよかったです。
かなり前から海外からも買い付けが来ていたそうですが、この映画は色づかい的にも外国の方には新鮮だろうなぁ。

あと、色の話からはそれますが、音楽も、この映画を語るに外せないです。
椎名林檎さんの4~5年前に発表されたシングル曲やアルバム曲が新しいアレンジで
使われていたのですが、ずいぶん前に作って後付けだったにも関わらず、
この映画のために書き下ろしたかのようにピッタリで、すごく良かったです。
好きなアルバムで今もたまに聴くのですが、イメージが新たに広がりました。

衣装も、普通の歴史映画では見れなそうな、
花魁かスターウォーズかという感じの髪の結い方とか、
着物の色あわせとか、裾の流れとかも、やけに美しく見えました。

ストーリーは、単行本になってる部分とかぶっていたのは、前半まででした。
原作の内容だけでも十分映画になったんじゃないかと思ってしまいましたが。。。
原作もこういう展開で完結していくのかな?2巻以降が出たら、読んでみたいです。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

HPを作ってお客様から御代を頂くような活動を始めて、
今日でちょうど丸3年経ちました。

有料でセッションしてもよい資格が取れるレベル2を終えてから、
とにかくコンサルを1件でも多くやるために、
セラピスト仲間ではない一般の人を相手に無料リーディングできる場所を探したり、
デイケアセンターやお子さん対象のボランティアをしたり、
その間にASIACTの開業登録をして、やっと登録証が届いて、
HP作りにけっこう時間がかかって、
「やっと始めることができるよ~!」と、す~ごく嬉しかったのを覚えています。。

3年前の今日は、日曜日だったなぁ。
HP作成やWEBに詳しい友達に家に来てもらって、
あれこれやってもらってたから、覚えてる。

3年かー。

短いな。

・・・っていうのが、正直な感想。
でも、その短い間にも、色々なことがありました。
  
初めて仕事としてカラーセラピーをやらせて頂けることになったサロンで、
当時の私には信じがたい価値観のオーナーさんと出会い、
癒し業界初心者の未熟さもあって大ゲンカしてお店を辞めてしまったり・・・・

彼女に嘘をつかれて連れて来られたお客さん(彼氏)に、
「オレはあえて青しか選ばない!」と宣戦布告(?)されたり・・・

カラーセラピーのスペースを借りていた地元のショップで
オーナーの親友の娘さんの進路を色で“誘導”してほしいと言われたり・・・・

サブの仕事に追われて、1ヶ月に1度もセッションできないがときがあったり・・・・

セッションをしたお客様がお手紙を下さって、とても励みになったり・・・・・・・

今はすべての経験の機会に、感謝しています。
そして、HPの更新や作成に惜しみなく協力してくれた友達をはじめ、
カラーセラピーを受けたいという人をたくさん紹介してくれた友達、
応援してくださる方々、これまでセラピーを受けてくれた方々、
心の支えになってくれている方々、みんなに中間報告の意味も込めて、
感謝の気持ちを伝えたいです。
(みなさん大体このブログを見て下さっているので、ここで述べさせて頂きます♪)

ありがとう。
これからも見守ってください。
ご協力も、よろしくお願いします?

Love & Light.

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座