コンテンツへスキップ

五感のイメージ連鎖と優位性(共感覚)

五感のイメージ連鎖を体験したことはありますか?

色を見て香りや音や触感や味を感じたり、
音を聞いて色や香りや触感や味を感じたり、
香りを嗅いで色や音や触感や味を感じたり、
触れたものから色や香りや音や味を感じたり、
味わったものから色や音を感じる、

というような、五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)のイメージ連鎖のことです。
上に挙げた五感から五感へのイメージ連鎖以外にも、
形や線や言葉から、五感のイメージが湧くこともあります。

画家のカンディンスキーは、音から得た色の感覚を絵にしたことで有名です。
ワインの味を豊かに表現をする人も、五感のイメージ連鎖が豊かな方と言えるでしょう。

ちょっと想像してみてください。

イエローを音で表すとしたら、どんな音だと思いますか?
どんな香りで、どんな触感だと思いますか?

お母さんのだっこを、色や香りや音でイメージするとどんな感じですか?

聞こえてきた音楽を、色や香りや触感でイメージするとどんな感じですか?

街ですれ違った良い香りを、色や音や触感でイメージするとどんな感じですか?

イメージはその人の感性なので、正解・不正解はありません。

「そんなイメージ、感じない」という人でも、
小さい頃ならそういうのを想像したり感じてた気がする、という人は結構います。

私の一番古いイメージ連鎖の記憶は、
昔やってたバイオリンの、4本の開放弦の音(0の音)と色のイメージです。

一番低い音の4弦(G線・ソ)はこげ茶色、チョコの色。
3弦(D線・レ)は深緑か紺っぽい青、
2弦(A線・ラ)はオレンジか赤。
一番高い音の1弦(E線・ミ)は光のような黄色か金色。

こんな感じで、いつも音を色でイメージしてました。
今も音楽を聴くと、色のイメージが浮かんで来ることが多いです。
香りを嗅いだときも、色のイメージが湧いたりします。

「見る・聴く・嗅ぐ・味わう・触れる」の5つの感覚のうち、
どの感覚が優位かは、人によって違います。
そして、どの感覚を使うかのパターンは、わりと普段の行動に現れます。
イメージ連鎖をよく感じる人であれば、どの感覚でイメージが湧くかにも現れます。

カラーセラピーのボトルを例に挙げると、ボトルに対面したとき、
ボトルを見るだけの人、手に取る人、香りを嗅ごうとする人など、色々です。
視覚が優先する人、触覚が優先する人、嗅覚が優先する人、それぞれ行動が違うんですね。

他にも、カラーボトルを使うとか見ることにはあまり興味を示さないのに、
ポマンダー(香りのエッセンス)の説明をするとがぜん目が輝いたりする人もいるので、
五感の優先傾向はおもしろいです。

五感のイメージ連鎖は、意識的にやることもできるので、
最近あまり感性を磨くようなことをやってないなと思うときは、
身近なものと五感を使って、イメージを膨らませてみてください。
感性を磨くだけでなく、脳トレにもなりますよ。





なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
09年7月に新ブログに移転しました。
Happy
Color.Labo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です