「当たってるー!」の役割

カラーセラピーを受けに来る人は、多かれ少なかれ、

身近な人には言えない、話したところでわかってもらえない、

身近な人ではない人と話をしたいという気持ちを持っています。

カラーセラピーは心情や状況を言い当てるためのものではないので、

色の意味が当たってるかどうかは重要ではないのですが、

それでも、

相手から「当たってる」とか「今、まさにそういう感じです」という言葉が出たときは、

その方の、カラーセラピーやカラーセラピストに対する距離が、ぐっと縮まります。

自分の心にぴったり合うキーワードを聴くことで、

「わかってくれた」、「わかってくれるかも・・」

という気持ちが、生まれるからです。

人は、悩みがある人も無い人も、生まれながらに

「理解されたい」

という欲求を持っているので、

カラーセラピーのような場において、「当たってる」という状況は、

心の扉を開くという点で、とても効果があるのです。

カラーセラピー関連記事を読む

同じカテゴリーの最新記事

  1. アートセラピーで描く絵とカラーセラピーで描く絵の違い

  2. お客さんの年齢とカラーセラピーの色の数

  3. カラーセラピーのサポートカラーの取り入れ方

  4. 身近なカラーセラピー: カラーに視点をおいて見ると、 自分を…

  5. バスタイムのおすすめカラーアイテム

  6. 今日のこころは何色ですか? 〜セルフカラーセラピー〜

  7. ネイルのボトルでカラーセラピーができる?

  8. カラーセラピーってどういうときに受けるの?

  9. 身近なものの配色イメージでかんたんなカラーセラピーができます…