バスタイムのおすすめカラーアイテム

1日の終わりや始まりのバスタイムにカラーアイテムを取り入れるなら、

カラーバリエーションが豊富で、
自然の恵みも感じられるハーブ系のバスアイテムがおすすめです。

 
クナイプのバスソルト

 

クナイプより入手しづらいかもしれませんが、

 
オーラソーマ社のボディソープもおすすめです。

 
バスルームに虹の色のようにたくさんの色のアイテムを揃えておくと、

リラックスしながらたくさんの色を目にすることができるので、

心や脳の健康や若さのキープにも役立つんですよ。

たくさんの色を見る、カラフルなものを見る、というとろこがポイントです。

興味がある人は試してみてくださいね。

同じカテゴリーの記事

  1. 身近なカラーセラピー: カラーに視点をおいて見ると、 自分を…

  2. ネイルのボトルでカラーセラピーができる?

  3. アートセラピーで描く絵とカラーセラピーで描く絵の違い

  4. 「当たってるー!」の役割

  5. お客さんのタイプ・年齢とカラーセラピーの色の数

  6. カラーセラピーってどういうときに受けるの?

  7. カラーセラピーのサポートカラーの取り入れ方

  8. 今日のこころは何色ですか? 〜セルフカラーセラピー〜

  9. 身近なものの配色イメージでかんたんなカラーセラピーができます…

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30