コンテンツへスキップ

「カラーヒーリング」 テオ・ギンベル著

カラーセラピーに興味を持った当時に、一番最初に読んだカラーセラピー本です。
この本は、身体に働きかける「色彩療法」としての記述と、
どちらかというと物理的なものとしての色の説明が多くて、とてもおもしろいです。
カラーパンクチャーに興味がある人にもおすすめです。

「 カラーヒーリング 色彩が持つヒーリングパワーを実生活に生かす本 」
テオ・ギンベル著 / 日原もとこ訳
(産調出版 1997年初版)

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です