コンテンツへスキップ

カラーセラピーのサポートカラーの取り入れ方

img_colorcloset

カラーセラピーを受けて、必要な色(サポートカラー)がわかったものの、

どうやって取り入れたらいいのかわからない」っていう人が、結構いるみたいです。

サポートカラーを取り入れるっていうのは
その色を常に意識する環境を作る」ということなのですが、

一番手っ取り早いのは「その色を身にまとうこと」だと思います。

 
とはいえ、無理して全身をサポートカラーで固める必要はありません。

トップスかボトムスどちらかでいいし、
マフラーやストール、帽子などの小物、
ネイルやアクセサリーなどでもかまいません。

 
前にお客さんから聞いたのですが、

「そんなにしょっちゅう色のものを買えないから、ヘアゴムをブレス代わりにして手首にしてる」、

「常に持ち歩くノートをカラーセラピーの色にしている」

という人がいました。

そういう風に、気軽に取り入れられる物で大丈夫です。

 
そして、
サポートカラーを取り入れるときは、自分しか見えないところで身に着けるよりも、

他人からも見えるアイテムで身に着けたほうが
「その色と共にいる自分」を意識できます。

 
いつもと違う色で身につけると、意識もいつもと違う状態になるので、その色が目に入ってきやすくなるんです。

色は、生活の中で実用することで生かされるものなので、サポートカラーがわかったら
ぜひ、自分と人目につくように身につけて、取り入れてみてくださいね。